2022年 5月 18日 (水)

元日本代表・城彰二氏「ヒデとはやりたくない」 盟友・中田英寿氏を高評価も...発言の意図は

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

城氏「(中田は)究極の所を攻めてくる」

   中田氏は練習中に城氏と言い争いになっても信念を一切曲げなかったという。

「あいつのこだわりとしては、究極のところにパスを出している。そこにもし届けば、触った瞬間に相手ディフェンスをかわしていける。究極のところを彼は狙っている。パススピードも速いからそこに合わせるしかない。本当に(小野、中村とは)真逆。だから受け手としては、いらないパス。俊輔とか伸二とやりたい。ヒデとはやりたくない」

   一方で城氏は中田氏のプレーの発想が小野氏や中村氏らと真逆だったと指摘した上で「レベルが高かった」と高く評価した。自身が海外でプレーした時に中田氏のレベルの高さを痛感したという。

   城氏は「海外に行った時に初めてあいつスゲーなと思った」とし、その理由について「海外ではあれぐらいのボールスピードは当たり前なんだよね。特にスペインは鬼パスみたいなのを出してくる。それを触れなかったら怒るわけ」と説明した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中