2022年 1月 26日 (水)

FA戦線「好投手」の気になる動向 中日・又吉克樹は争奪戦必至?注目選手をピックアップ

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球の2021年レギュラーシーズンが残すところわずかとなった。今季はヤクルトがセ・リーグを制し、パ・リーグではオリックスが25年ぶりの優勝。11月6日からはセ・パそろってクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージが始まる。

   CS、日本シリーズの行方に注目が集まる一方で、プロ野球ファンにとってオフのフリーエージェント(FA)戦線も気になるところ。今オフはいかなる展開が待ち受けるのか。注目選手をピックアップした。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

広島は大瀬良、九里がFA権取得

   チーム別の投手でみていくと、広島は大瀬良大地投手(30)と九里亜蓮投手(30)が今季FA権を取得した。ともに先発としてチームをけん引し、過去にはリーグ3連覇に貢献した。

   大瀬良は昨季、2年連続で開幕投手を務めるもコンディション不良で戦線を離脱するなど5勝止まりだった。9月には右肘のクリーニング手術を受け2月のキャンプは2軍スタート。今季は前半に苦しんだものの、後半に調子を上げ10月28日時点で10勝5敗、防御率3.07の成績を残しエース復活を印象付けた。

   一方の九里は10月28日までにキャリアハイとなる12勝を挙げ、防御率3.88をマーク。今季は24試合に先発し、クオリティスタート(QS= 6回以上、自責点3以内)達成率は70%を超えている。先発投手は需要が高く、FAを宣言すれば興味を示す球団が現れる可能性は十分あるだろう。

   中日では又吉克樹投手(30)、祖父江大輔投手(34)、田島慎二投手(31)の3投手がFA権を取得しており、なかでも又吉の動向に注目が集まりそうだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中