2023年 1月 29日 (日)

近鉄の新たな観光特急「あをによし」 鉄道ファンが注目した「最大の特徴」とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   近畿日本鉄道が新たな観光特急「あをによし」を発表した。

   デビューは2022年4月29日。大阪難波~近鉄奈良~京都間を乗り換えなしで結ぶのが最大の特徴だ。

  • 12200系4両1編成が「あをによし」に改造される
    12200系4両1編成が「あをによし」に改造される
  • 大和西大寺駅で発車を待つ近鉄電車
    大和西大寺駅で発車を待つ近鉄電車
  • 12200系4両1編成が「あをによし」に改造される
  • 大和西大寺駅で発車を待つ近鉄電車

「あをによし」デビューで12200系が復活

   「あをによし」は、午前中は大阪難波→近鉄奈良→京都まで、その後は京都~近鉄奈良間を2往復し、京都→近鉄奈良→大阪難波へ至る。

   運行日は週6日の予定だが、春休み、夏休み、ゴールデンウイークなどは全日運行する。正式な運転時間や利用料金は後日発表するとのことだ。

   車両は21年11月にラストラン予定の12200系特急車を改造したもの。4両1編成となり、2人用のツインシートと3~4人用のサロンシートを用意する。また販売カウンターが設けられ、専属アテンダントが軽食や飲料などの販売を行う。

   外装は天平時代の高貴な色とされる紫色のメタリック塗装となり、現行の近鉄特急色とはまったく異なる配色だ。

   ちなみにJR西日本ではJR難波→京都(奈良経由)の列車が平日は2本、土休日1本が運行されている。このうち土休日のJR難波発京都行はJR難波→奈良間は快速、奈良→京都間は「みやこ路快速」として運転される。

   筆者はこの列車に乗車したが、大阪府から京都府へ乗り通す乗客は皆無で、奈良駅でほとんどの乗客が入れ替わった。

大阪難波-京都を結ぶ特急は約20年ぶり

   2021年10月現在、大阪難波~京都間を結ぶ直通特急は存在しない。

   1973年~1992年3月までは近鉄難波(現大阪難波)~京都間を結ぶ特急(阪京特急)が運行していた。。この特急は近鉄難波~京都間を約1時間で結んでいたが、「あをによし」と異なり、大和西大寺駅でスイッチバックをした。

   1987年時刻表を開くと、近鉄難波~京都間に1日上下各3本が設定されていたことがわかる。大阪~京都間はJR新快速で約30分で結んでいることを考慮すると、乗り通す乗客は少なかったように思う。

   経路や列車の性格は異なるが、「あをによし」のデビューはこの「阪京特急」の復活ともいえる。

(フリーライター 新田浩之)

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中