2021年 12月 4日 (土)

今年の「流行語大賞」はどうなる? 元選考委がトップテンを大予想、その結果は... 

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   2021年の「ユーキャン新語・流行語大賞」には、どんな言葉が選ばれるだろうか。

   例年11月上旬に行われるノミネート30語の発表に先駆け、J-CASTニュース編集部は「現代用語の基礎知識」元編集長の清水均氏に、「トップテン」及び「年間大賞」の予想を依頼した。

  • 2021年はどんな言葉が流行した!?(写真は2020年の受賞式)
    2021年はどんな言葉が流行した!?(写真は2020年の受賞式)
  • 清水均氏が予想した2021年のトップテン
    清水均氏が予想した2021年のトップテン
  • 2021年はどんな言葉が流行した!?(写真は2020年の受賞式)
  • 清水均氏が予想した2021年のトップテン

年間大賞は「該当なし」?

   例年、流行語大賞はノミネート語30語から「トップテン」(10語)が選出され、さらに、そのトップテンから年間大賞(1語、もしくは複数)が選出される。

   2018年の第35回まで20年近く同賞の選考委員を務めた清水氏は、まず、今年の新語・流行語について非常に勢いが弱かったと指摘した上で、「年間大賞については該当語なし」との見解を示した。

「総論としては、大賞語の見当たらない荒(すさ)んだ年だったと思います。こんな中で無理くり選ばなきゃならない選考委員は気の毒です」

   その上で、「トップテン」として以下の10語を予想した(順番は清水氏が挙げた通り)。

うっせぇわ
時短営業
変異株
オリパラ
ゴン攻め
多様性
ジェンダー平等
まん防
ヤングケアラー
ワクチンパスポート
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中