2021年 12月 4日 (土)

巨人元監督、CS「忖度なし」予想 「色々と皆さんのご意見はあると思うけど」パは楽天、セは...

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球巨人の元監督・堀内恒夫氏(73)が2021年11月3日、クライマックスシリーズ(CS)の順位予想をブログで公開した。

  • 画像はイメージ
    画像はイメージ
  • 画像はイメージ

開幕前予想、優勝のヤクルト5位、オリックス最下位

   ブログは「忖度じゃないよ」とのタイトルで記され、セ・パのCSに言及し「セ・リーグの1位は『巨人』だよ。パ・リーグは『楽天』」と予想した。

   今回の予想に関して「色々と皆さんのご意見はあると思うけどね」とした上で、巨人と楽天を1位とした理由を説明した。

   「評論家としてはさシーズン前に予想した順位にこだわってみようと思ってさ」と開幕前に予想したスタンスを貫くことを明かし、「夢は最後まで諦めず、だな」と締めくくった。

   堀内氏は今季シーズン開幕前の3月23日付けのブログでセ・パの順位予想を公表しており、セ・リーグは1位巨人、2位阪神、3位中日、4位広島、5位ヤクルト、6位DeNAだった。

   パ・リーグは1位が楽天で、2位にソフトバンク、3位西武、4位ロッテ、5位日ハム、6位はオリックスだった。

   今季セ・リーグはヤクルトが制し、阪神が2位、巨人が3位だった。パ・リーグはオリックスが25年ぶりのリーグ優勝を果たし、2位にロッテ、3位は楽天だった。

   注目のCSはセ・パともに11月6日からファーストステージが開催され、セ・リーグは甲子園球場で阪神対巨人戦、パ・リーグはZOZOマリンスタジアムでロッテ対楽天戦が行われる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中