2021年 12月 4日 (土)

中日・立浪監督が目をかけていた2人の有望株 「ショートで使える」「清原さんに近い」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   中日・立浪新監督と首脳陣の顔ぶれが2021年11月2日に明らかとなり、4日にはナゴヤ球場で秋季練習がスタートした。

   チームの課題は今季5位に終わった最大要因の貧打克服であり、野手の打撃力向上にファンの期待がかかる。とりわけ18年ドラフト1位の根尾昂、19年1位の石川昴弥へのファンの期待は高い。

  • 立浪和義氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    立浪和義氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 立浪和義氏(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「守備の方はやればやるほどうまくなる」

   立浪氏は就任前の21年春の中日キャンプに臨時コーチとして参加、中日2軍監督に就任する片岡篤史氏とのYouTubeチャンネル上での対談(8月12日配信)で指導した野手らの印象を語っている。

   京田陽太との遊撃レギュラー争いが注目される3年目の根尾について、「もっと守備練習しないと」と話すも「最初ちょっと我慢すればショートで使える」「守備の方はやればやるほどうまくなる」と評価。一方で立浪氏によれば「(根尾本人は)外野でバッティングを活かしたい」との意向のようである。京田に対しても「今本当のレギュラーと呼べるような感じの成績ではないので、根尾も頑張ればレギュラーを争える」と、京田・根尾の双方にハッパをかけた。

   石川については「遠くに飛ばせる」「そんなに振ってないけども飛んでいく。清原さんに近いようなイメージのバッター」と言及しつつも「全部ポイントが近い」「タイミングが固い」と課題を指摘。今季66試合出場、打率2割9厘と不調に終わった阿部寿樹についても「ホームランバッターではないのに振りすぎる」「打率2割8分・9分でもチャンスでしぶといバッティングをしてほしい」と述べた。

   順位を上げるためには「1点を取るための貪欲さが欲しい」と言う立浪氏。「ホームランで点を取れないのだから、ランナーをしっかり進めるとかしっかり送るとか、次の走塁を貪欲に狙うとかの意識が少ないのかなと思いますね」と2021年の野手陣を評価する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中