2021年 12月 8日 (水)

大谷翔平「リアル二刀流」表現に違和感 流行語ノミネートも...有吉弘行「まだ納得いかない」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   お笑いタレントの有吉弘行さん(47)が2021年11月7日放送のラジオ番組「SUNDAY NIGHT DREAMER」(JFN系)に出演し、大リーグエンゼルス・大谷翔平投手(27)の「リアル二刀流」について言及した。

  • 大谷翔平投手(17年撮影)
    大谷翔平投手(17年撮影)
  • 大谷翔平投手(17年撮影)

有吉さん「リアル二刀流ということは刀を2本持たないと」

   番組では4日に発表された「『現代用語の基礎知識』選 2021ユーキャン新語・流行語大賞」の候補30語を紹介し、有吉さんがノミネートされた30語を独自の視点から分析し持論を語った。

   東京五輪・パラリンピックが今夏に開催されたこともあり、21年のノミネートにはスポーツ関連の言葉が多く、海外メディアが国際オリンピック(IOC)のバッハ会長を揶揄した「ぼったくり男爵」や「ピクトグラム」「13歳、真夏の大冒険」などが選出された。

   野球では、大リーグ・エンゼルスの大谷の投打にわたる活躍ぶりを象徴するように「リアル二刀流」「ショータイム」が候補に挙がった。

   野球ファンとして知られる有吉さんは、大谷を「リアル二刀流」と表現することに違和感があるようで、「リアル二刀流は、はっきり言って宮本武蔵だけだからね。だってリアルでしょ?リアル二刀流ということは刀を2本持たないといけないでしょ。それがリアル二刀流でしょ」と言葉に力を込めた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中