2021年 11月 27日 (土)

日本代表を皮肉った韓国メディア 豪ドローで2位浮上「中国エースに感謝せよ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

    サッカーワールドカップ(W杯)アジア最終予選が2021年11月16日に各地で行われ、日本は敵地でオマーンと対戦して1-0で勝利した。

    前半を0-0で折り返した日本は後半36分、MF伊東純也(28=KRCヘンク)のゴールで先制。これが決勝点となり勝ち点「3」を獲得した。B組2位のオーストラリアが16日に中国と対戦して1-1で引き分けたため日本は2位に浮上した。

  • 先制ゴールを決めた伊東(写真:AP/アフロ)
    先制ゴールを決めた伊東(写真:AP/アフロ)
  • 先制ゴールを決めた伊東(写真:AP/アフロ)

日本2位浮上は中国アシストのおかげ

    7大会連続の本戦出場に望みをつないだ森保ジャパン。最終予選では別組に属するが長年のライバル関係にある韓国では、各メディアが速報で日本の勝利を伝えた。

    韓国メディア「スポーツ朝鮮」は、「日本3連勝、起死回生 オマーンに1-0で雪辱」などの見出しで記事を展開。伊東の劇的ゴールで勝利を収め2位に浮上したとストレートに報じたが、韓国メディアの中には中国のアシストによる上昇だとし、痛烈に皮肉る記事もあった。

    グループ5位の中国はホームで2位オーストラリアを迎え1-1で引き分けた。中国は前半38分に先制を許すも、後半25分にPKを獲得。これを中国代表のエース、FWウー・レイ(エスパニョール)が決めて同点とし、引き分けに持ち込んだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中