2021年 11月 27日 (土)

「来季も戦力としては厳しい」 二軍でも打率2割3分、巨人・陽岱鋼の「残留」に冷めた声

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   CSファイナルステージでヤクルトに2敗1分と完敗した巨人。シーズン終了後のファンを驚かせたのは、今季限りで5年契約が切れる陽岱鋼(34)が残留するというニュースだった。

  • 台湾代表としてプレーする陽岱鋼(写真:アフロ)
    台湾代表としてプレーする陽岱鋼(写真:アフロ)
  • 台湾代表としてプレーする陽岱鋼(写真:アフロ)

「今季限りで退団すると思っていました」

「正直驚きました。身体能力が高い選手ですが、今年はファームでも全盛期の体のキレがなくなっていた。34歳という年齢を考えると今年限りで巨人を退団すると思っていましたね。

外野陣は亀井善行が今季限りで現役引退しましたが、丸佳浩、松原聖弥に加えてウィーラーも残留の可能性が高い。外野を守れる新外国人の獲得も考え得る中で、陽は来年も戦力として厳しいのではないでしょうか」(スポーツ紙記者)

   日本ハム時代はスケールの大きいプレーでファンを魅了した。13年に打率282、18本塁打、67打点、47盗塁で球団史上初の盗塁王を獲得。翌14年も打率.293、25本塁打、85打点、20盗塁をマークする。

   快足を生かした広い守備範囲と強肩で「不動の中堅」として活躍し、ゴールデングラブ賞を4度受賞。だが、16年オフ、巨人にFA移籍以降は輝きを失っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中