2022年 1月 21日 (金)

「写真の撮り方ガイド」好評3万部増刷 売上向上ノウハウ凝縮、日本政策金融公庫に聞く制作の狙い

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   政府系金融機関の日本政策金融公庫が刊行した冊子「写真の撮り方ガイド 飲食店編」に、SNS上で大きな注目が集まっている。飲食店の売上向上を目的とした写真の撮り方を紹介するもので、売上知識から撮影技術にわたる丁寧な説明が「勉強になる」などと好評だ。

   J-CASTニュースは担当者に、冊子を制作した背景を取材した。

  •  日本政策金融公庫が刊行した冊子「写真の撮り方ガイド 飲食店編」
    日本政策金融公庫が刊行した冊子「写真の撮り方ガイド 飲食店編」
  • 飲食店の売上向上のためには、写真が重要だと考えた
    飲食店の売上向上のためには、写真が重要だと考えた
  • 売上の構造などを解説
    売上の構造などを解説
  • 手持ちの道具やスマートフォンなどで簡単に実践できる撮影技術の紹介
    手持ちの道具やスマートフォンなどで簡単に実践できる撮影技術の紹介
  •  日本政策金融公庫が刊行した冊子「写真の撮り方ガイド 飲食店編」
  • 飲食店の売上向上のためには、写真が重要だと考えた
  • 売上の構造などを解説
  • 手持ちの道具やスマートフォンなどで簡単に実践できる撮影技術の紹介

コロナ禍で苦慮する飲食店のために制作

   「写真の撮り方ガイド 飲食店編」は、日本政策金融公庫国民生活事業本部の生活衛生融資部が制作した小冊子だ。同社の支店窓口で配布されているほか、公式サイト上からPDFでダウンロードすることができる。

   2021年11月21日にツイッター上で、「日本政策金融公庫、なかなか良い資料を無料で公開してくれている」などと紹介されたことをきっかけに、撮影技術を向上させたい人や売上の知識を学びたい人の間で大きな注目が集まった。リプライ欄には「ほんとだ、いい資料。説明が易しい」「飲食店に限らず料理写真撮りたい人にめちゃくちゃ良い記事」などと評する声が寄せられている。

   同書では、手持ちの道具やスマートフォンなどで簡単に実践できる撮影技術の紹介や、撮影の目的を明確にするための売上知識に関する説明が丁寧に記されている。例えば、売上を伸ばすといっても、新規客数、注文単価、注文数など、何で向上させたいのかを決めると良いという。そのうえで狙いに沿った撮影方法を紹介している。

   日本政策金融公庫の生活衛生融資部担当者は、同書の制作で力を入れたことが2点あると取材に明かす。

「1つは、きれいな写真ではなく、飲食店の『売上アップにつながる』写真の撮り方をお伝えすること。もう1つは、(専門的な機材を用いずに)スマホで簡単に撮影できる、実践的なノウハウに絞ってお伝えすることです。
これらの意図を監修いただいた石田先生にお伝えし、何度も打ち合わせを重ねてブラッシュアップしていきました」

   監修は、映像を活用したプロモーション改善を手掛ける「フォト・パートナーズ」の社長で、中小企業診断士でもある石田紀彦さんが担当している。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中