2022年 1月 29日 (土)

僕は生かされた...事故で気づいた「時間の価値」 手足3本失った男が「原動力」とする思考

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   朝4時半に起床しているという山田千紘さん(30)。20歳の時に手足を3本失った事故の後、「時間の使い方」が変わっていったという。根幹にあるのは「1日をフル活用したい」という考え。仕事、家事、遊び、YouTube・SNS投稿、夢を叶えるための活動――左手1本の体で全てやっていくには「時間を無駄にしない生活」をする必要があった。

   事故の後、「僕は生かされた」という山田さん。時間の使い方に対する考えを語った。

   【連載】山田千紘の「プラスを数える」~手足3本失った僕が気づいたこと~ (この連載では、身体障害の当事者である山田千紘さんが社会や日常の中で気づいたことなどを、自身の視点から述べています。)

  • 仕事ではスーツを着る山田千紘さん。両足に義足、右手に装飾義手をつけている。(鏡越しの自撮りのため左右反転)
    仕事ではスーツを着る山田千紘さん。両足に義足、右手に装飾義手をつけている。(鏡越しの自撮りのため左右反転)
  • 仕事ではスーツを着る山田千紘さん。両足に義足、右手に装飾義手をつけている。(鏡越しの自撮りのため左右反転)

1日の時間をフル活用したい

   会社はフレックスタイム制で、僕は7時に勤務開始しています。以前より1時間半ほど早めました。夕方から夜の時間を充実させるためです。取材対応したり、友達と遊んだり、YouTubeの動画撮影をしたり、仕事以外にも使える時間を確保できます。

   朝は4時半起き。僕はもともと起きるのが早かったので、起床を早めるのが苦ではありませんでした。朝から気持ちよく働き、夕方に仕事が終わると、その後料理など家事ができるし、個人的な活動の打ち合わせにも柔軟に対応できます。

   根幹には「1日の時間をフル活用したい」という考えがあります。1日をフルで楽しむために、こうした時間管理をするようになりました。

   1日24時間はみんな平等です。いつか自分の人生が楽しかったか、辛かったかと振り返る時、1日1日としっかり向き合っていれば、自然と「楽しい人生だ」と思えるようになると思っています。

   一生懸命に生きても、辛い日はあるかもしれません。でも次の日「切り替えて楽しい日にしよう」と思って行動できれば、トータルで「楽しい日」の割合は多くなると思います。1週間のうち3日間が辛くても、4日間を楽しくすれば、「楽しい1週間」で終わります。1か月のうち、仕事に失敗したり、失恋したりして、1週間が辛かったとしても、残り3週間をめちゃくちゃ楽しく過ごせれば、その1か月はトータルで楽しく終わります。同じように1年単位、10年単位で楽しく過ごせれば、「楽しい人生」と思えるだろうと思います。

   その積み重ねのベースになるのは、1日の時間とどれだけ向き合い、充実させているか、です。10年先のことは分からないけど、そこに向かっていく1日1日を大事に積み重ねていけば、結果として良い方向に向かっていける。そういう考えに至ったので、1日をフル活用する生活を心掛けています。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中