2022年 5月 16日 (月)

批判集めた「働く女性応援」よくばり冊子 広島県がサイトで追加説明

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

サイト更新で趣旨追記

   県の働き方改革推進・働く女性応援課は30日、J-CASTニュースの取材に、

「趣旨が十分に伝わらず、不快に感じられる方がいることを真摯に受け止め、働く女性を応援するという県の趣旨が十分に伝わるよう内容の見直しを図っていきたいと考えています」

と答えていた。「よくばり」という言葉は県が15年から掲げている総合計画の「仕事も暮らしも。欲張りなライフスタイルの実現」という文脈に基づく前向きな表現だと説明した。

   趣旨は「男性・女性に関わらず県民一人一人が、仕事も暮らしも、どちらも諦めることなく、自らの希望を叶えることのできる社会」を目指すというものだ。

   「ワーキングママの心構え」は、「仕事と育児や家事との両立について、好意的な意見だけではなく様々な考え方がある」ことを踏まえて制作したとする。

   同日には湯崎英彦知事も記者会見で、「女性向けのハンドブックだったのでそこだけ切り取られると、『女性』がそういうふうに『よくばり』なんだと誤解を生んでいるのかなと思っています」と言及した。

   冊子の電子版を配布するページは12月1日に更新された。県の担当者は2日、変更点を次のように説明する。

「ハンドブックの作成趣旨として、仕事と暮らしのどちらかをあきらめるのではなく、県民ひとりひとりが、どちらにおいても希望を叶えられる社会を実現するという、広島県の目指す姿を踏まえ、働く女性、働きたい女性を応援する目的で作成していることを追記しました」

   冊子の改訂については「社会状況等の変化や今回いただいた様々なご意見も踏まえ、今後内容の見直しを図っていく予定です」と答えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中