2022年 1月 26日 (水)

五輪柔道で銅、在日3世・安昌林が引退表明 日韓両国での「差別体験」告白でも注目

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   東京五輪男子柔道73キロ級銅メダリストで在日韓国人3世の安昌林(アン・チャンリム=27)が2021年12月5日にSNSを通じて現役引退を表明した。今後は指導者として後進の指導に当たる。

  • 東京五輪男子柔道73キロ級銅メダルの安昌林(写真:ロイター/アフロ)
    東京五輪男子柔道73キロ級銅メダルの安昌林(写真:ロイター/アフロ)
  • 東京五輪男子柔道73キロ級銅メダルの安昌林(写真:ロイター/アフロ)

今後は指導者として成長を

   安は5日にインスタグラムを更新し、日本語、英語、韓国語でそれぞれ引退することを報告。添付された文章は「みなさんこんにちは!」とのタイトルで始まり、「今年を最後に代表チームから引退します。今まで、携わっていただいた、多くの日本の方々、そして在日同胞の方々に、感謝を伝えたいです」などと記されている。

   今後に関しては「Next Vision」と題して綴られており、「次の目標は、指導者としてオリンピック金メダリストを育成することです!これからも、節制、規律のある生活を通して、人として、そして、指導者として成長していきたいです」と意気込みを見せた。

   安の引退表明は韓国の各メディアが報じており、「朝鮮日報」は安が所属するチームの関係者の話として、「東京オリンピックを前後して引退時期を決定したようだ。先週所属チームに引退意思を明らかにした」と伝えた。

   京都出身の安は幼少時に柔道を始め、高校は神奈川の桐蔭学園高に進学。その後、柔道の強豪・筑波大に進むも14年に韓国の大学に転校した。18年の世界選手権で金メダルを獲得し、韓国代表として東京五輪に出場した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中