2022年 5月 16日 (月)

関ジャニ∞は「唯一無二」「凄まじかった」 ライブ参戦のバンドマンも脱帽...4000字超で魅力熱弁

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   ロックバンド「打首獄門同好会」のギター・大澤敦史さんが、関ジャニ∞のライブパフォーマンスを絶賛している。

   大澤さんは2021年12月7日、グループの公式ツイッターアカウントで、関ジャニ∞のライブに参加した感想を合計4000字以上にのぼる長文で投稿した。

  • アイドルとバントを兼ねる関ジャニ∞に絶賛(画像はイメージ)
    アイドルとバントを兼ねる関ジャニ∞に絶賛(画像はイメージ)
  • 画像3枚に分けて関ジャニ∞の魅力を熱弁(ツイッターより)
    画像3枚に分けて関ジャニ∞の魅力を熱弁(ツイッターより)
  • アイドルとバントを兼ねる関ジャニ∞に絶賛(画像はイメージ)
  • 画像3枚に分けて関ジャニ∞の魅力を熱弁(ツイッターより)

「同じ戦術でぶつかり合ったら戦えるバンドはいない」

   大澤さんは「バンドマン視点で:関ジャニ∞のここが凄かった」という切り口で関ジャニのライブパフォーマンスや、11月26日開催の関ジャニ∞の全国ツアー公演「KANJANI'S Re:LIVE 8BEAT」(横浜アリーナ)の感想を語っている。

   関ジャニ∞は現在、横山裕さん・村上信五さん・丸山隆平さん・安田章大さん・大倉忠義さんの5人で構成される。関ジャニ∞と打首獄門同好会は9月26日開催の「関ジャムFES」(幕張メッセ)で共演していた。

   大澤さんは今回の投稿で、関ジャニ∞のバンドとしてのスキルについて、次のように絶賛した。

「そもそも、楽器弾きながらメインボーカルもできるくらいにスキル鍛えた人間が5人いたとして、その5人が組むとか...普通にバンド組もうとしたら絶対『そうはならんやろ』」案件なんですよね」
「しかもただ歌えるだけじゃないんですよね、5人それぞれが歌えて喋れて、たとえ1人でステージに放り出されても場をもたせられるくらいの総合的な個人スキルの持主」
「元々特定スキル特化型に生きるバンドマン達には同じ勝負したら大概太刀打ちできないわけです。ただ、まだそれでもアイドルグループVSバンドという構図だったら土俵が別物として割り切ることができました。なのにこれが相手も『バンド』になっちゃった脅威たるや。全員楽器持ってる中で、誰が歌っても成り立ち、なんなら全員MC繋げられるという強さたるや。正直思いますよ『同じ戦術でぶつかり合ったら戦えるバンドはいない』と。それくらい稀有で、俺の知る限り唯一無二のスタイルです」

「速攻でツアーの対バンに誘うレベルですよ」

   さらに、メンバー個人についても

「彼(安田章大さん)、完っ全に根っからのギターキッズですよね。ギター大好きすぎじゃないですか。いや他メンバーもね、皆まで言いませんけどもステージ見て演奏見てて『あれ...これアイドルが歌いながら弾くフレーズじゃねぇな...』とか『あれ...これもうガチでやってる人のソロだな...』とか思うこと多々」
「武器が豊富すぎる上に威力も安定しすぎ。そろそろ勘弁してほしい」

   と語る。

   その上で初めて関ジャニ∞のステージを観たという横浜アリーナ公演の演出も

「ホントに凄まじかったですよね。まずアイドルグループで登場、会場フルに使った演出ラッシュで1時間なり1時間半なり堪能させて(中略)もうお腹いっぱいなのに突然バンドに切り替わって(切り替わり方だけでもまた相当ビックリして顔面歪んでる)バンドになったらなったでガチ演奏の土台に乗せて全員ヴォーカル切り替わりラッシュ、さらにまだ終わりじゃないわけでしょ。フルコースお腹いっぱいにも程があるでしょ。けっこう本気で勘弁してほしい」
「仮になんの予備知識もなくライブハウスやフェスで出会ったら速攻でツアーの対バンに誘うレベルですよ」

   と評価していた。

関ジャニ大倉も反応「ありがとうございました」

   大澤さんの長文の感想は関ジャニ∞のファンにも共有され、「関ジャニ∞のオタクとしては最高の評価をいただきました」「エイターとしてめちゃくちゃ嬉しい」と喜ぶ声がツイッターに挙がっている。

   メンバーの大倉忠義さんも大澤さんの感想に反応。7日のツイッターで「関ジャムフェスand横浜アリーナLIVEありがとうございました。その上こんな素敵な言葉まで...自分達のエンタメに自信を持って、これからも邁進してまいります!また是非ご一緒してやってください!!」と感謝を述べている。

   また、大澤さんと一緒にライブを観ていた打首獄門同好会メンバーのjunkoさんは、過去の共演時に関ジャニ∞のファンを公言していた。

   そんなjunkoさんも大澤さんによるライブ感想の投稿に反応し、「ありがとうございますって言うの正解かわかんないですがありがとうございますありがとうございますありがとうございます(泣く顔文字)号泣」と感激のリプライを寄せていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中