2022年 1月 29日 (土)

日テレ、「盗作」気付かず謝罪 一年半越しに訂正...被害の作家「納得のいく結果」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   日本テレビ(東京港区)は2021年12月12日放送の特番「誰も知らない明石家さんま 第7弾」で、過去の放送で紹介したイラストについて、第三者が作者に無断で番組へ応募したものだったと謝罪した。

   放送をめぐっては、イラストレーター・YUNOKIさんがツイッター上で「盗作」だと訴えていた。

  • 「誰も知らない明石家さんま 第7弾」/日本テレビ公式サイトより
    「誰も知らない明石家さんま 第7弾」/日本テレビ公式サイトより
  • 「誰も知らない明石家さんま 第7弾」/日本テレビ公式サイトより

「応募者が無断でYUNOKIさんの絵を自分の絵として応募していた」

   応募トラブルがあったのは、20年4月26日放送の特番「明石家さんまの転DE天職 第9弾」で、タレント・明石家さんまさんがアーティストを発掘する企画「明石家さんま画商」。一般公募された作品を明石家さんがプロデュースするという内容だ。

   企画に応募された作品として、番組は煙草をくわえた男性のイラストを紹介。作者は「石田ゆきの 45歳」であるとしていたが、これは、第三者が自作と偽って無断で応募したYUNOKIさんの作品だった。

   この件について、21年12月12日の放送で訂正と謝罪が行われた。

「番組では応募者に確認した上で『石田ゆきの 45歳』の作品と紹介しました。しかし実際にはイラストレーター・YUNOKIさんの描いたイラストでした。
先程の応募者が無断でYUNOKIさんの絵を、自分の絵として応募していたことが分かりました。
作者のYUNOKIさんには大変ご迷惑をおかけいたしました。お詫びして訂正いたします」

   そのうえで番組側は、イラストを応募する際には番組の規約を確認するよう呼びかけ、「他人の絵の応募は固くお断りします」と訴えた。

   番組内での謝罪と訂正を受けYUNOKIさんは、放送後のツイッターで「私としては間違えて放送したことを訂正・謝罪をしてもらうことが一番の目的だったので、そこにおいては納得のいく結果となりました」とコメント。その後、「あー...良かった...訂正されて嬉しい。涙出てきた」とも呟いていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中