2022年 1月 26日 (水)

「自由契約になる可能性もあった」 大減俸の中田翔、日ハムOBが語る「厳しい現状」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   プロ野球日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(50)が2021年12月12日放送のラジオ番組「ガンちゃんの『世界一面白いプロ野球の番組』」(HBCラジオ)に出演し、巨人・中田翔内野手(32)について言及した。

  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
    中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)
  • 中田翔選手(写真:YUTAKA/アフロスポーツ)

「それこそ大田や西川のように...」

   番組では中田が7日に契約更改交渉に臨み減額制限(1億円超は40%)を超える1億9000万円減の1億5000万円(金額はいずれも推定)でサインしたことを伝え、中田のコメントなどを紹介した。

   司会のアナウンサーから「中田どうですか?」と振られた岩本氏は「良かったよ、契約が続いて」と率直に感想を述べ、「それこそ大田(泰示)や西川(遥輝)のようにパーンと自由契約になる可能性もあったと思う。それぐらい厳しい立場だった。だから全く何も言えずに判子を押したんじゃないかな」と推測した。

   今季日ハムで開幕を迎えた中田は8月4日の試合前にチームメイトに暴力を振るったとして11日に球団から出場停止処分を受けた。そして処分決定から9日後の20日に巨人が無償トレードでの中田の入団を発表。翌21日のDeNA戦で代打出場を果たした。

   8月22日のDeNA戦で移籍後初安打となる本塁打を放ったものの、その後は調子が上がらず9月11日に出場選手登録を抹消され2軍落ち。21日の広島戦で昇格を果たすも結果を残すことが出来ず10月1日に出場選手登録を抹消された。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中