2022年 5月 16日 (月)

「ハンオシ」の告白、流行らない? 坂口健太郎のセリフが話題「ちょっとダサい」「可愛い」

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2021年12月14日放送のドラマ「婚姻届に判を捺しただけですが」(TBS系)の第9話で、俳優の坂口健太郎さん演じる百瀬の告白にツッコミを入れる声が多くあがっている。

  • TBS「婚姻届に判を捺しただけですが」の公式サイトより
    TBS「婚姻届に判を捺しただけですが」の公式サイトより
  • TBS「婚姻届に判を捺しただけですが」のインスタグラム(@hannoshi_tbs)より
    TBS「婚姻届に判を捺しただけですが」のインスタグラム(@hannoshi_tbs)より
  • TBS「婚姻届に判を捺しただけですが」の公式サイトより
  • TBS「婚姻届に判を捺しただけですが」のインスタグラム(@hannoshi_tbs)より

「好きな人に正直な気持ちを伝えたい」

   漫画家・有生青春さんによる同名マンガが原作。27歳のデザイナーで「生涯独身上等、おひとり様最高」のヒロイン・大加戸明葉(清野菜名さん)と、30歳サラリーマンで既婚者の肩書きを手に入れたい百瀬柊(坂口さん)が偽装結婚をすることから始まるラブコメディーとなっている。

   ※以下、ネタバレを含みます。

   明葉に改めて気持ちを伝え直し、やっと思いが通じたと思った矢先、「好きな人に正直な気持ちを伝えたい」と突然離婚を切り出した百瀬。忘れられない片思い選んだならば仕方ないと、明葉は離婚に応じるが、どうやらその「好きな人」が明葉であることに気が付いていないようだ。

   離婚成立後、明葉は共通の友人である麻宮(深川麻衣さん)の家に居候しながら、大事なコンペのため仕事に打ち込む。一方の百瀬は、麻宮を通して明葉に差し入れを渡し、陰ながら仕事を応援。結果、残念ながらコンペには落選してしまうが、実は百瀬のアシストがあったことを知った明葉は再び心が揺れる。

「ラブですは笑ったけど ふたりだから、なんか可愛い」

   後日、麻宮宅を訪ねてきた百瀬。麻宮が出かけて百瀬と2人になった明葉は「私やっぱり、傷ついても、しんどくても、やっぱり私、百瀬さんのことが...」と言い出す。すると、百瀬は「ああ! ダメです。僕から言わせてください」と遮り「明葉さんが好きです。これはライクじゃないです。ラブです。僕は明葉さんをラブです」と告白。やっと思いが通じ合った2人はそのままキスをし、明葉も「私も。百瀬さんのことがラブです」と気持ちを伝えるのだった。

   これまでライクかラブかわからないと葛藤していた2人らしい「ラブです」という告白に対し、視聴者からは「告白の言葉ラブですはちょっとださいと思ってしまったけどやっと気持ち通じてよかったな」「ポンコツAIが最初に覚えた言葉で告白したみたいな感じだったし『○○をラブです』は多分流行らない、好きやよの方が何億倍キュンとするから学べ百瀬」「ラブですは笑ったけど ふたりだから、なんか可愛い」などと反響が続出。また、居候先の麻宮宅で行われたキスについて「自分家で自分居ないときにどうでもいい他人同士がキスしてるとか嫌すぎ」「人んちで、『ラブです』とか言ってキスとか何やってんのよw」などとツッコミを入れる声もあがっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中