2022年 1月 23日 (日)

京王ダイヤ改正の意外な本質 準特急廃止で注目も...実質的には「特急消滅」

新規入会で5,000円相当の楽天ポイントプレゼント!

   京王電鉄の2022年春のダイヤ改正で、「準特急」が廃止されることが決まった。

   そもそも、「準特急」は京王電鉄にしかない列車種別。利用の機会がない人からすれば「どんな種別なのだろう」と思うだろう。今回は、準特急がどういう性格の列車で、それがどう改正されるのかを解説したい。

  • 京王八王子へ向かう特急
    京王八王子へ向かう特急
  • 2022年春のダイヤ改正で廃止となる準特急
    2022年春のダイヤ改正で廃止となる準特急
  • 京王八王子へ向かう特急
  • 2022年春のダイヤ改正で廃止となる準特急

京王が誇る「特急」「準特急」の2本看板

   「準特急」は、文字通り「特急」よりも少し遅い。ここで21年12月現在の「特急」「準特急」の停車駅を比較する。

特急の停車駅(新宿~高尾山口)
新宿、明大前、調布、府中、分倍河原、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、北野、めじろ台、高尾、高尾山口

準特急の停車駅(新宿~高尾山口)
新宿、笹塚、明大前、千歳烏山、調布、府中、分倍河原、聖蹟桜ヶ丘、高幡不動、北野、北野からの各駅

特急(新宿~高尾山口)の所要時間は48分(15時台発)、準特急(新宿~高尾山口)の所要時間は55分(16時台発)だ。

   ちなみに急行停車駅は準特急停車駅に加え桜上水、つつじヶ丘、東府中に止まる。しかし準特急停車駅の京王片倉、山田、狭間には止まらない。

   このように停車駅の数だけで「特急」「準特急」「急行」を比較すると、京王線(新宿~北野~京王八王子)では「特急」「準特急」の主役2本建てだが、高尾線(北野~高尾山口)では「準特急」は「急行」よりも停車駅が多く、微妙な立場になるのが興味深い。

   また「特急」も極端に停車駅が少ないか、と言われると、そうでもない。実際に2013年ダイヤ改正で北野駅と分倍河原駅が特急停車駅となり、準特急との差が縮まった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中