2022年 5月 27日 (金)

M-1制覇で「審査員がもらい泣き」 錦鯉の快挙はなぜここまで芸人の心を打ったのか

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   2021年12月19日に放送された「M-1グランプリ」(テレビ朝日系)は、長谷川雅紀さん(50)と渡辺隆さん(43)の「錦鯉」が優勝を飾った。

   その表彰式で泣きながら優勝を喜ぶ2人の姿に、審査員が「もらい泣き」をしたシーンが視聴者の間で話題となっている。一部の審査員が、ボロボロと大粒の涙を流して、錦鯉の快挙を祝福したのだ。

   錦鯉の優勝は、なぜここまで審査員の心を打ったのか。ライターでお笑い研究家の鈴木旭氏に聞いた。

  • 「錦鯉」の長谷川雅紀さん(左)と渡辺隆さん(右)/(写真:Kodansha/アフロ)
    「錦鯉」の長谷川雅紀さん(左)と渡辺隆さん(右)/(写真:Kodansha/アフロ)
  • 渡辺隆さんのツイッターから
    渡辺隆さんのツイッターから
  • 「錦鯉」の長谷川雅紀さん(左)と渡辺隆さん(右)/(写真:Kodansha/アフロ)
  • 渡辺隆さんのツイッターから

「雅紀さんとコンビ組めて良かった」

   優勝が決定した瞬間、長谷川雅紀さん(50)と渡辺隆さん(43)はお互いの肩を抱えながら熱い抱擁を交わすと、紙吹雪の中、長谷川さんは深々とお辞儀。また、渡辺さんはガッツポーズを決めた。

   表彰では長谷川雅紀さん(50)が「あきらめないでやってきて良かったと思います」と感謝の言葉を述べつつ感激の涙を流したほか、渡辺隆さん(43)は「雅紀さんとコンビ組めて良かったです!」と優勝の喜びを語った。

   その最中、審査員を務めていた「サンドウィッチマン」の富澤たけしさん(47)と「ナイツ」の塙宣之さん(43)が2人の姿にもらい泣き。

   講評では「賞金で(欠けている)歯入れてください」(富澤さん)「モグライダーが(敗退して)残念で泣いてます」(塙さん)とボケた2人だったが、それも感涙しながらのコメントだった。

   この様子に対しては、視聴者からは「審査員がもらい泣きするM1グランプリ。。錦鯉、おめでとう!」といった声が上がるなど、審査員の心をこれでもかと打った錦鯉に対する絶賛がネット上に広がった。

芸人仲間だからこその「もらい泣き」

   今大会を象徴するようなこのシーンについて、ライターでお笑い研究家の鈴木氏は、錦鯉のバックボーンを知っているがゆえにもらい泣きをしてしまったのではないかと指摘する。

「まずは、2人の人柄です。錦鯉はインディーズのころから小さいライブであっても全力で出演し、常に笑顔で仕事をこなしてきたので、その姿を知る他の芸人からはとにかく好かれているコンビです。 特に、小規模のライブでは他の若いコンビに交じらざるを得ないという『アウェー』な状況でも、それをものともせずお客さんを笑わせてきました。それを知っているであろう審査員は、やはり、胸が熱くなったのだと思います」

   続いて鈴木氏は、錦鯉のこれまでの苦労を芸人仲間が知っているという点を挙げた。

「長谷川さんは10年前にテレビ番組の企画で、実家に10年ぶりに帰省する姿が放送されていますが、当時すでに中年ながらまだ芽が出ていなかった長谷川さんに対し、時折、母親が厳しい言葉で叱咤激励する様子が放送されていました」
「また、渡辺さんは今年2月放送の『家、ついてってイイですか?』(テレビ東京系)で父親が特集されており、そのVTRの収録が2020年のM-1の決勝前に行われたため、息子である渡辺さんの戦績に期待する父親の姿が反響を呼びました。これらの事情をテレビを介さずに知ることが出来る芸人仲間だからこそ、表彰の際にはもらい泣きしてしまったのではないでしょうか」

   最後に、鈴木氏は2人の年齢も感動を呼んだ要素であると指摘した。

「2人が『ボロボロ』の状態で天下を取ったという状況も大きいでしょう。長谷川さんは歯が8本欠けていることで有名ですし、渡辺さんは『痛風芸人』として近年知名度が急上昇しています。全力でのパフォーマンスが難しくなるはずの年齢であるにもかかわらず、それをものともしないパフォーマンスを披露したその姿に審査員は感動したのではないでしょうか」

(J-CASTニュース編集部 坂下朋永)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中