2022年 5月 22日 (日)

初紅白直後にスキャンダルでメンバー脱退 4回目出場の純烈・酒井一圭「2回目は奇跡的」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   4人組男性ボーカルグループの純烈が2021年12月28日、第72回NHK紅白歌合戦のリハーサルに参加し、12月31日の本番の見どころなどを語った。

   4度目の出場の今回、「客席降り演出」を採用し、「マジックハンド」でコミュニケーションをとる。

  • 紅白歌合戦リハーサルに参加した純烈(左から後上さん、白川裕二郎さん、酒井一圭さん、小田井涼平さん(NHK提供)
    紅白歌合戦リハーサルに参加した純烈(左から後上さん、白川裕二郎さん、酒井一圭さん、小田井涼平さん(NHK提供)
  • リハーサルの様子
    リハーサルの様子
  • 紅白歌合戦リハーサルに参加した純烈(左から後上さん、白川裕二郎さん、酒井一圭さん、小田井涼平さん(NHK提供)
  • リハーサルの様子

初出場直後にスキャンダル「奇跡的に出られまして」

   「コロナ禍でも200ステージ弱で歌わせていただいた」という純烈メンバーの酒井一圭さん。「今年客席を回ることが全くできていなかったのですが、NHKさんの演出が『純烈といえば客席降りだな』と」として客席降り演出を採用したことを明かした。客席に設けられたステージから登場し「名付けて純烈マジックコミュニケーションということで、叫びながら握手できればなと思っています」と話した。

   2018年の初出場以降4年連続で出場している純烈だが、初出場直後の19年1月に友井雄亮さんが交際女性へのDV報道により脱退した。

   酒井さんは「1回目の時はドキドキ、2回目の時はメンバーが減って奇跡的に出られまして。3回目の時は無観客、4回目の今年はNHKホールじゃなく東京国際フォーラムで」と自虐を交えて毎回状況の異なる4回の出場を振り返った。その上で「常に全力というか、間違ってもいいから明るく楽しく、ホンマは顔ひきつってますけど笑うとけ!という感じでやってます」と本番への意気込みを語っていた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中