2022年 1月 22日 (土)

新庄監督は落合博満に似ている? 開幕投手「横一線」発言で思い出す「17年前の奇策」

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   日本ハム・新庄剛志監督が、開幕投手について「本当に横一線。外国人かもしれないし去年まで2軍の子かもしれないし、育成の子かもしれない」と語った。2021年12月19日のインスタライブでの発言だ。

   実力だけを考えれば、開幕投手はエースの上沢直之か、新人の今季10勝をマークした伊藤大海だろう。ただ、ペナントレースは長い。開幕戦を「143分の1試合に過ぎない」と考えるならば、違う選択肢も生まれる。

  • 新庄剛志監督(写真: アフロ)
    新庄剛志監督(写真: アフロ)
  • 新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
    新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より
  • 新庄剛志監督(写真: アフロ)
  • 新庄氏のインスタグラム(@shinjo.freedom)より

あえてのエース回避も視野に?

   来季の開幕戦はソフトバンク戦。球界を代表する右腕・千賀滉大が登板する可能性が高い。打ち崩すのが至難な状況で投手戦が予想される。上沢、伊藤を登板させるべきか。

「開幕戦は独特の緊張感に包まれる。そこで吉田輝星とか無名の若手など怖いものなしの投手を投げさせて、千賀相手に金星を上げれば盛り上がる。負けても上沢、伊藤を回避しているのでダメージは少ない。新庄監督の発言で思い出すのは元中日の落合博満監督です。

就任1年目の04年にリーグ優勝を達成したが、開幕戦では3年間一軍登板のなかった川崎憲次郎を開幕投手に起用している。川崎は5失点で降板したが逆転勝ち。開幕最有力候補だったエースの川上憲伸は3戦目に登板し、その後の先発ローテーションでエース同士の対決を避けられるため白星を積み重ねた。新庄監督も長期的視点に立ち、上沢、伊藤を2戦目以降に回す可能性が十分に考えられる」(スポーツ紙記者)
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中