2022年 1月 23日 (日)

視線の先に警察署...講談社「ハコヅメ」広告に反響 「心から感謝を伝えたい」作者が込めた思い

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

担当編集「泰三子さんの力の入り方にとても驚きました」

   ハコヅメ編集担当の田渕浩司さんは12日、J-CASTニュースの取材に、懸垂幕には作者の強い思いが込められているとした。

   田渕さんは懸垂幕の掲出が決まった昨年末、講談社前の音羽通りで泰さんにその旨を案内したという。

   具体的なデザインは決まっておらず、大塚署がたまたま目に留まり「あちらを向いたイラストを描き下ろしてもらって、謝意を伝えるとかすると面白いですね」と提案した。「みんなが面白がってSNSに写真をアップすれば、話題になって本が売れてくれるかな」との狙いからだった。

   しかし、泰さんの考えは「頑張っている人々に心から感謝を伝えたい」というもので、田渕さんは「心のこもった絵のタッチにもそれが表れていました。イラストが送られてきた時、泰三子さんの力の入り方にとても驚きました」と振り返っている。

   掲出は3月末までを予定する。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中