2022年 5月 21日 (土)

事故車かと思ったら...実はトリックアート 「思わず二度見」看板会社の「実演広告」に大反響

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   車の背面に看板が刺さっている――!? そんな写真がツイッターで拡散された。投稿者は「二度見した」と衝撃を語る。

   話題になったのは、駐車場に置かれていた大型車。背面のリアガラスはひび割れ、看板が突き刺さっているように見える。しかしその看板にはこう記されている――「トリックアート看板ならORES」。実際には看板が刺さっておらず、トリックアートだった。

   J-CASTニュースは2022年1月16日、この広告を手掛けたORES(大阪府寝屋川市)に取材した。

  • 車の背面に看板が刺さっている――!?(ツイッターアカウント:@HI_GR86さん提供)
    車の背面に看板が刺さっている――!?(ツイッターアカウント:@HI_GR86さん提供)
  • 車の背面に看板が刺さっている――!?(ツイッターアカウント:@HI_GR86さん提供)

「バズる看板を売りにしてるだけのことはある」SNSで反響

   SNSで注目を集めたのは、ORESの所有する車だ。福元信治代表によれば、2年ほど前から現場調査や材料運搬等、移動の際に利用しているという。トリックアートが描かれたリアガラスの下には、連絡先を掲載し、依頼の相談を呼び掛けている。

   同社は看板や店構えのプロデュースを手掛けており、トリックアートなどを活用した「バズる看板」の制作を売りとしている。実際にこの車のトリックアートが依頼に繋がったことも多いという。

「LINE公式アカウントのQRコードを掲載していて、そこからのお問い合わせや駐車中に直接話しかけられたりで、このトリックアートからの受注だけで500万円は超えています」

   ツイッター上でも13日に、この広告を紹介するツイートが投稿されると、「直接技術を見せつける形の宣伝」「バズる看板を売りにしてるだけのことはある」などと驚く声が寄せられた。発端の投稿は17日17時現在までに、3万リツイート、15万「いいね」を超える反響が広がっている。

   こうした反響を受けて福元代表は、「バズる看板というキャッチフレーズで活動しているので、この上ない実績となると考えており非常に喜んでおります!」と手ごたえを感じている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中