2022年 5月 20日 (金)

錦鯉・長谷川雅紀が「50年越しの親孝行」 74歳母へのプレゼントに感動「マジで涙出てきた」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   お笑いコンビ「錦鯉」長谷川雅紀さん(50)が、2022年1月17日放送の「人生が変わる1分間の深イイ話」(日本テレビ系)で、「50年越しの親孝行」を果たした。

  • 錦鯉の2人。左が長谷川さん(HTB「イチモニ!」公式ツイッターより)
    錦鯉の2人。左が長谷川さん(HTB「イチモニ!」公式ツイッターより)
  • 錦鯉の2人。左が長谷川さん(HTB「イチモニ!」公式ツイッターより)

「最高。ありがとうね、こんなにいっぱい...」

   番組では、「M-1グランプリ2021」(テレビ朝日系)優勝後、長谷川さんが凱旋里帰りをする様子に密着。札幌市にある母・幸子さん(74)が営む飲食店に、相方・渡辺隆さん(43)とともに訪れた。

   長谷川さんが「ただいま」と声をかけると、幸子さんは「隆くん、よかったね。ありがとう」とお礼を言い、「抱っこしてね、めんこめんこ。いい子いい子ってしたかったのよ。頑張ったね」と2人に抱き着いて優勝の喜びを分かち合う。

   「しっかりお仕事して、みなさんに喜んでもらえてるってのでもう親孝行になってる」と話す幸子さんだが、長谷川さんはこの日のために用意した、大きなイチゴが描かれたエプロンをプレゼント。生まれて初めての親孝行、だという。

   幸子さんが「派手だね」と笑いつつエプロンを身に着けると、長谷川さんは「全然いい。若返った」と絶賛。幸子さんも「若返った?」と嬉しそうで、「最高。ありがとうね、こんなにいっぱい...」と感動もひとしおなようだった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中