2022年 5月 21日 (土)

パイプを点検したら...野生のタコ発見! 水族館の衝撃報告に反響→その後どうなった?

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   福島県の水族館「アクアマリンふくしま」(いわき市)が、海と館内を繋ぐパイプに野生の「タコ」が入り込んでいたとツイッターで報告した。ネット上では、パイプのろ過装置に侵入したタコの姿に衝撃が広がっている。

   ところでこのタコ、その後どうなったのか?J-CASTニュースの取材に水族館が答えた。

  • 「アクアマリンふくしま」公式ツイッター(@aquamarinestaff)より
    「アクアマリンふくしま」公式ツイッター(@aquamarinestaff)より
  • 写真提供:アクアマリンふくしま
    写真提供:アクアマリンふくしま
  • 「アクアマリンふくしま」公式ツイッター(@aquamarinestaff)より
  • 写真提供:アクアマリンふくしま

タコは「元気」、海へ放流

   アクアマリンふくしまは2022年1月18日、水族館に送る海水の異物を漉し取るパイプ内の「ストレーナー」という装置にタコが入り込んでいたと報告した。パイプの定期点検中だった。

   投稿に添付された写真は、透明な素材で覆われたパイプの断面を映したもので、タコの吸盤が目に飛び込んでくる。8本の腕を広げて張りついているようすだ。パイプの下方にはバケツが用意されている。

   ツイッターでは「でかいのが詰まってる」「こんなことある?笑」などと驚きが広がっているほか、「この子は一体どうなったんだ...」とタコの行方にも関心が寄せられている。

   投稿を行なったアクアマリンふくしまの施設管理者は20日、その後の対応についてJ-CASTニュースの取材に、

「画像に映っているバケツに入れ、専用の蓋がなかったのでホウキで脱走を防ぎつつ、すぐ目の前の海に放流しました」

と明かした。野生のタコだとして発見時は「珍しいな」と感じたという。タコの状態は「元気でした」と伝える。投稿が注目されていることを受けて、

「水族館の展示を支える職員の地道な作業にもご注目頂けて、大変うれしく思っています」

といい、「見過ごされがちな施設管理部門にとって、大変励みになります」と喜びを表していた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中