2022年 5月 20日 (金)

「おむすび」くわえる「遅刻少女」で米をアピール 話題の動画に疑問の声も...新潟県に聞く企画背景

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   女子高生が学校に遅刻すると叫んで、「おむすび」を口にくわえて走り出し...。お米をPRしようと、新潟県がこんなニューヒロインを動画に登場させるプロジェクトを始め、話題になっている。

   この「遅刻するおむすび少女」は、アニメで表現されたほか、国民的美少女コンテストで審査員特別賞を受賞した俳優の井頭愛海さん(20)も起用された。

  • プロジェクトの公式サイト
    プロジェクトの公式サイト
  • おむすびをくわえて懸命に走る井頭愛海さん(画像は、ユーチューブ動画から)
    おむすびをくわえて懸命に走る井頭愛海さん(画像は、ユーチューブ動画から)
  • プロジェクトの公式サイト
  • おむすびをくわえて懸命に走る井頭愛海さん(画像は、ユーチューブ動画から)

アニメなどで形成された「遅刻する食パン少女」に対抗

   「もう遅刻じゃん!」。井頭さんは、海苔巻きのおにぎりを口にくわえながら、学校を目指して懸命に走る。「おむすびは走らず食べましょう」との注意書きも出た。

   続いて、「おむすび」に引っかけたゲン担ぎで、「志望校とご縁を結びたい」などとナレーションが流れ、「はじめよう、モーニングおむすび」と呼びかけて動画が終わる。

   50秒ほどの動画は、2022年1月24日に新潟米PRのユーチューブ公式チャンネルに投稿された。

   新潟県では、「遅刻するおむすび少女プロジェクト」と題して配信を始め、この動画「遅刻する女子高生篇」は、その第1弾だ。

   このプロジェクトを行う理由について、県の食品・流通課は25日、J-CASTニュースの取材に次のように説明した。

「日本人の米離れが進んで、1人当たりの消費量も年々減少しています。また、コロナ禍で外食での需要も低調になっており、何とかしたいと危機感を持ちました。テレビCMも重要ですが、若い世代を中心にSNSから情報を得る人が増えてきています。夕食はまだ8割がお米を食べていますが、朝食は5割に留まっています。伸びしろを考えて、『モーニングおむすび』で新しいカルチャーを作り、消費につなげようと思いました」

   アイデアのきっかけは、ウィキペディアにも項目がある「遅刻する食パン少女」の存在だ。アニメやドラマなどで、遅刻しそうなヒロインが食パンをくわえて走り出し、時には曲がり角で恋に落ちるシーンが登場する。それが積み重ねられて、「朝は食パン」のイメージが形成され、米離れにもつながったと仮説を立てたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中