2022年 5月 21日 (土)

なぜ「稼ぎ頭」ブラックサンダーの看板を新商品で外したのか 有楽製菓が新ブランドで踏み出す挑戦

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   有楽製菓(東京都小平市)が販売するチョコレート菓子「ブラックサンダー」。一個数十円から買える低価格と豊富なラインアップが特徴で、前期決算ではお菓子商品の売り上げの8割をブラックサンダー関連品が占めた。

   そうした中、同社が今年1月に発売したのが「PICKS(ピックス)」「Maico(マイコ)」というチョコレート菓子。いずれもブラックサンダーと同じ一口サイズのチョコレート菓子だが、全くの新ブランドだ。

   なぜ、圧倒的シェアを持つ「ブラックサンダー」の看板を外したのか。同社にねらいを聞いた。

  • 有楽製菓が「ブラックサンダー」じゃない新商品を出した理由
    有楽製菓が「ブラックサンダー」じゃない新商品を出した理由
  • 有楽製菓が「ブラックサンダー」じゃない新商品を出した理由

新商品は年間10-20種類

   ブラックサンダーは1994年に販売を開始。ビスケットとココアクッキーをチョコレートでコーティングした一口サイズのお菓子で、ザクザクとした食感が楽しめる。一個30円(税抜き)という低価格も特徴だ。

   発売当初は売り上げが伸び悩んだが、00年代に入ると風向きが一転。06年には東京農工大学の学生と生協職員のやりとりが人気を集めたブログ「がんばれ!生協の白石さん」に登場し話題を呼ぶと、08年には北京五輪で活躍した体操・内村航平選手の好物としてメディアに取り上げられた。その後も年々支持を広げ、18年には年間販売数2億本を突破した。

   今では「日本の国民食」(有楽製菓公式サイトより)を射程に収めるブラックサンダー。強みは、豊富なラインアップにある。例えば、21年には四角いブロック状の「ブロックサンダー」や、バニラアイスをかけ合わせた「ブラックサンデー」など遊び心を感じる商品を販売。素材へのこだわりを打ち出した高級路線の「ブラックサンダープレミアムシリーズ」も人気だ。リニューアル品を含め、年間10〜20種類の新商品が登場する。

   マーケティング部商品戦略課の牧宏郎さんは2022年1月24日、J-CASTニュースの取材に、新味を積極的に出すことで消費者に通常のブラックサンダーを想起させ、「比べて食べてみたい」と思わせるねらいがあると説明する。

   同社の第63期(20年8月〜21年7月)決算では、コロナ禍での「巣ごもり需要」によるパーティーパックの人気や、プレミアムシリーズ「至福のバター」のヒットもあり、ブラックサンダーシリーズが過去最高の売り上げを記録した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中