2022年 5月 23日 (月)

「チョコパイ」6マス容器でなぜ9個 12個入りにできない?ロッテが明かす個数とパッケージの背景

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   チョコパイ9個を6分割のトレイで販売するのはなぜ――? ロッテ(東京都新宿区)のロングセラー商品「チョコパイ」の容器をめぐり、SNSで素朴な疑問が広がった。

   大容量タイプのパーティパックは、袋入りで販売されている。袋を開けると、6分割のトレイに9個のチョコパイが載せられている。トレイのマスの数が合っていないのだ。

   なぜこのような容器で販売するのか。J-CASTニュースは、ロッテの広報課に取材した。

  • ロッテのロングセラー商品「チョコパイ」
    ロッテのロングセラー商品「チョコパイ」
  • 6分割のトレイに9個のチョコパイが載せられている
    6分割のトレイに9個のチョコパイが載せられている
  • 突起のある容器
    突起のある容器
  • なぜこのような容器で販売するのか
    なぜこのような容器で販売するのか
  • 価格とのバランスが問題
    価格とのバランスが問題
  • ロッテのロングセラー商品「チョコパイ」
  • 6分割のトレイに9個のチョコパイが載せられている
  • 突起のある容器
  • なぜこのような容器で販売するのか
  • 価格とのバランスが問題

「お客様の手にとっていただける機会を失う心配がある」

   チョコパイは、しっとりとした食感の生地にクリームをはさんだパイを、チョコレートでコーティングしたお菓子だ。1983年に「まるでケーキのようなお菓子」をコンセプトに発売した。

   パーティパックのトレイには、6つのマスがある。3マスにはチョコパイが2つずつ積まれているが、残りの3マスには突起が設けられており、チョコパイは1つずつしか入っていない。

   ツイッターでは2022年1月18日ごろ、12個入りでないことを指摘した投稿があり、「なぜなのか、理由が知りたい」などと疑問の声が広がった。

   なぜ12個入りではないのか。突起部分をなくして、各マスに2個ずつ包装することはできないのか。ロッテの広報担当者は、価格とのバランスが問題だと説明する。

「12 個入りにすることで、価格があがってしまいます。大袋タイプの商品は、お店で均一の価格で販売されることも多く、ロッテチョコパイパーティパックだけ、価格帯が違いますと、販売しづらくなる可能性があります。そうなりますと、お店に並ばず、結果的にお客様の手にとっていただける機会を失う心配があるため、9 個入りで販売をしています」

   ロッテ公式サイトでは22年1月25日現在、パーティパックのチョコパイは409円(税込み)で販売されている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中