北京五輪の現地で「オーマイゴッド!」連発 カーリング米国代表、選手村の施設に大興奮

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   北京冬季五輪の開幕を控えた2022年1月29日、カーリング男子米国代表のクリストファー・プリス(34)がツイッターに動画を投稿し、選手村の様子を伝えた。

   動画では選手村にあるアミューズメント施設を紹介しており、広々とした施設内をウイルス感染対策として完全防備したスタッフがプリスを案内している。

  • クリストファー・プリス選手(写真:ロイター/アフロ)
    クリストファー・プリス選手(写真:ロイター/アフロ)
  • クリストファー・プリス選手(写真:ロイター/アフロ)

「部屋の設備はアスリートからの称賛に満ちている」

   プリスは潜水艦を模した遊技機を紹介されると思わず「オー・マイ・ゴッド、ワーオ」と発し、船内に入ると興奮した様子で再び「オー・マイ・ゴッド」と歓喜した。

   プリスは動画とともに「間違いなく時間を過ごせる場所を見つけた!」などのコメントを投稿しており、アミューズメント施設をたいそう気に入ったようだった。

   五輪開幕を前に複数の地元メディアが選手村の施設などを伝えている。

   ポータルサイト「捜狐」は、選手村の衣類、食べ物、住居、交通機関などアスリートのニーズが慎重に検討され、部屋の設備はアスリートからの称賛に満ちていると報じた。

   そして選手村のベッドをボブスレーの米国代表選手が称賛していると伝え、食事に関してはすべての料理に食材が表示されるようになり、アスリートが必要なエネルギーをより安全に選択できるようになったとしている。

姉妹サイト