2022年 5月 20日 (金)

北京五輪でも起きた「アスリート中傷問題」 韓国選手、中国ユーザーからの暴言DM被害を告発

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   北京冬季五輪開会式で韓国選手団の旗手を務めたスピードスケート・ショートトラック代表のクァク・ユンギ(33)がSNSで誹謗中傷を受けていると、2022年2月7日までに複数の韓国メディアが報じた。

  • 開会式で韓国選手団の旗手を務めるクァク選手(写真:AP/アフロ)
    開会式で韓国選手団の旗手を務めるクァク選手(写真:AP/アフロ)
  • 開会式で韓国選手団の旗手を務めるクァク選手(写真:AP/アフロ)

韓国人男性を見下す暴言も...

   韓国メディア「スポーツソウル」(WEB版)は、クァクに対して中国人と推測されるネットユーザーの度を越えた攻撃が続いていると伝えた。

   記事によると、クァクのSNSには中国語、英語、韓国語で誹謗中傷するダイレクトメッセージ(DM)が送りつけられている。

   地元主要メディア「朝鮮日報」(WEB版)によると、DMは「小国の選手が」「(あなたは)歴史も知らない選手だ」などのほか、韓国人男性を見下すような中傷、暴言も多く見られたという。

   また、記事ではクァクが中国人ネットユーザーから誹謗中傷される要因を分析。クァクが2月2日にメディアに語ったコメントが、中国人ネットユーザーを刺激したのではないかと推測している。

   クァクはメディア取材に対して、昨年10月に行われた試合の経験を踏まえて中国のホームで開催される大会について言及。「風が触れただけでも失格になる可能性があるという話までするほど判定に神経を尖らせている」などとコメントしたという。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中