2022年 5月 17日 (火)

ワリエワ「ドーピング騒動」で場外乱闘 韓国語・ロシア語で批判合戦...キム・ヨナ氏めぐり応酬

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2010年バンクーバー五輪フィギュアスケート女子シングル金メダリストの金妍児さん(キム・ヨナ、31)のインスタグラムの投稿をめぐり、韓国とロシアのインターネットユーザーがSNSで応酬していると、2022年2月20日までに韓国メディアが伝えた。

  • ワリエワ選手(写真:AFP/アフロ)
    ワリエワ選手(写真:AFP/アフロ)
  • キム・ヨナさんのインスタグラムより
    キム・ヨナさんのインスタグラムより
  • ワリエワ選手(写真:AFP/アフロ)
  • キム・ヨナさんのインスタグラムより

「全ての選手の努力と夢は等しく尊いものです」

   キムさんは14日のインスタグラムでドーピングに対する自身の見解を示した。ドーピング騒動の渦中にあったロシアオリンピック委員会(ROC)代表のカミラ・ワリエワ(15)に関連した指摘とみられる。

   真っ黒な画面を添付し、英語で「ドーピング違反選手は競技に出場できない。この原則は例外なく守られなければならない。全ての選手の努力と夢は等しく尊いものです」とのコメントを投稿した。

   キムさんのSNS投稿はこれに留まらず、女子シングル・ショートプログラム(SP)が行われた翌日16日にはフェイスブックに再び真っ黒な画面を添付し、英文でインスタグラムと同様のコメントを投稿した。

   ワリエワはSPで首位に立ったものの、17日のフリーではジャンプのミスが相次ぎ得点が伸びず4位に終わった。団体戦で優勝したワリエワは20日に行われたエキシビションに出場せず、チームメイトらに先立って帰国した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中