2022年 5月 22日 (日)

小室圭さん&眞子さん結婚問題「多くの方に心配、心苦しい」 天皇陛下が誕生日会見で言及

機能が進化した八角形ベゼル型"G-SHOCK"

   天皇陛下は2022年2月23日、62歳の誕生日を迎えた。これに先立つ2月21日に行われた記者会見では、小室圭さんと結婚して皇籍を離脱した秋篠宮家の長女、小室眞子さんにも言及。結婚関連儀式のうち天皇、皇后両陛下にあいさつする「朝見の儀」は、自らの判断で行わなかったことを明らかにした。

   眞子さんについては「今後、幸せな人生を歩んでいって欲しい」とする一方で、「この間、多くの方に心配をおかけすることになったことを心苦しく思っております」とも述べた。

  • 記者会見で質問に答える天皇陛下(写真は宮内庁提供動画から)
    記者会見で質問に答える天皇陛下(写真は宮内庁提供動画から)
  • 記者会見で質問に答える天皇陛下(写真は宮内庁提供動画から)

「今後、幸せな人生を歩んでいって欲しいと思いますが...」

   眞子さんの結婚をめぐっては、結婚式、結納にあたる「納采の儀」、「朝見の儀」などの結婚関連行事は行われず、皇籍離脱する際に支出される「一時金」も眞子さんの意向で支払われなかった。記者会見では、こういった異例の経緯に関する質問が出た。

   天皇陛下は、眞子さんの皇籍離脱までの公務について「真摯に取り組んでいたことを深く多といたします」と評価。結婚については「様々な意見があるなど、結婚に至るまでの状況」を踏まえて、結納にあたる「納采の儀」は秋篠宮家の判断、「朝見の儀など」については天皇陛下の判断で行わなかったことを明らかにした。その上で、

「今後、幸せな人生を歩んでいって欲しいと思いますが、同時にこの間、多くの方に心配をおかけすることになったことを心苦しく思っております」

と述べた。

   天皇陛下は21年の誕生日会見で、

「眞子内親王がご両親とよく話し合い、秋篠宮が言ったように、多くの人が納得し、喜んでくれる状況になることを願っております」

などとして、結婚には世論の理解が必要だとの見方を示していた。22年の会見では、「国民と皇室との信頼関係」という言葉を使いながら、国民との向き合い方について、次のように述べた。

「皇室のあり方や活動の基本は、国民の幸せを常に願って、国民と苦楽を共にすることだと思います。そして、時代の移り変わりや、社会の変化に応じて、状況に対応した務めを果たしていくことが大切であると思います。皇室を構成する一人一人が、このような役割と真摯に向き合い、国民の幸せを願いながら、一つ一つの務めを果たし、国民と心の交流を重ねていく中で、国民と皇室との信頼関係が築かれていくものと考えております」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中