2022年 5月 22日 (日)

「アスリートの権利を直接侵害するもの」 皇帝プルシェンコ氏、スポーツ界「ロシア追放」に反発声明【追記あり】

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   フィギュアスケートの元ロシア代表で2006年トリノ冬季五輪金メダリストのエフゲニー・プルシェンコ氏(39)が2022年3月1日にインスタグラムを更新し、スポーツ界に広がるロシア追放の流れに反発の声を上げた。

  • プルシェンコ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
    プルシェンコ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • プルシェンコ氏のインスタグラムより
    プルシェンコ氏のインスタグラムより
  • プルシェンコ氏(写真:松尾/アフロスポーツ)
  • プルシェンコ氏のインスタグラムより

スポーツ界のロシア制裁止まらず

   スポーツ界ではロシアのウクライナへの軍事侵攻を受け、ロシアのアスリートを国際大会から除外する流れが広まっている。国際オリンピック委員会(IOC)は2月28日にロシアの選手を国際大会から除外するよう国際競技連盟などに勧告した。

   IOCの勧告を受け国際スケート連盟(ISU)は3月1日に世界選手権を含むISU主催の大会にロシア選手の出場を認めないことを発表。国際サッカー連盟(FIFA)、欧州サッカー連盟(UEFA)は、ロシアに対して全ての代表、クラブチームの主催大会への出場を禁じた。

   世界的にロシア選手を除外する流れが加速するなかで、プルシェンコ氏はインスタグラムに長文を投稿し、現在ロシアのアスリートが置かれている状況に触れ、スポーツと政治を混同してはならぬとの見解を示した。

「IOCがすべてのスポーツで選手を停止するよう呼びかけた後、FIFAとUEFAはすべての大会からチームを除外しました。今日ISUはロシア人が(ISU)主催の競技会に参加することを禁止しました。これは大きな間違いです」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中