2022年 5月 22日 (日)

スープストック「レトルト離乳食」を再販 「店内無料提供」がSNSで話題、人気メニューが自宅でも

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   スープ専門店を運営するスープストックトーキョー(東京都目黒区)は2022年3月17日、レトルト離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」の販売を再開すると発表した。販売中止の原因となっていた食味や食感の問題を解決したという。

   同商品は店舗内で無料提供されているものと同一で、自宅でも同じ味が楽しめるとしている。

  • レトルト離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」
    レトルト離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」
  • 店内でも離乳食を提供している
    店内でも離乳食を提供している
  • レトルト離乳食「あかちゃんがなんどもおかわりしたくなる離乳食」
  • 店内でも離乳食を提供している

無償提供で人気を博していたレトルト離乳食

   レトルト離乳食は、月齢9カ月から11カ月の子どもを対象としたもので、「鶏肉と7種の野菜のミネストローネ」など4種類。親会社のスマイルズ(目黒区)が運営するファミリーレストラン「100本のスプーン」と共同で開発した。料理としての旨味も楽しめるよう、食材の味を引き出す出汁などに力を入れたとしている。

   20年11月から店頭や通販で販売していたが、一部商品に不良が発見された。パッケージ内で商品が固まり状になっていたという。スープストックトーキョーによれば、微生物検査の結果、安全性に問題はないものの、食味や食感が劣るため、21年2月に販売を中止。その後約1年かけ、「検査を重ね、安全性や食味食感に問題ないことが確認できた」として、22年3月31日から販売を再開する。味などに変更はない。

   レトルト離乳食は20年11月の発売と同時期から、一部店舗内で無償提供されており、多い店舗では1日10杯ほどオーダーがあるという。広報担当者によれば、安全性に問題ないことが確認されていたことから、販売中止期間も無償提供は実施していた。また提供時には、従業員による献品・検食を徹底したとのことだ。

   スープストックトーキョーの店舗内でのレトルト離乳食の無償提供は、ツイッターで注目が集まっていた。22年3月5日には「離乳食無料なの?神なの?」と紹介するツイートが投稿され、5000件超のリツイート、2万2000件を超える「いいね」が寄せられた。このほか「すごい食べる!」「味見したけど薄味で美味しかったよ」といったポジティブな声も相次いでいる。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中