2022年 5月 29日 (日)

NHK・TBS・フジ・テレ朝・日テレ、夕方報道番組で「節電対応」 照明抑えた放送に反響「感心」

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   東京電力と東北電力管内で2022年3月22日、電力需給逼迫警報が発令され、同日夕方から電力需要に対する供給不足が見込まれるとして節電が要請される中、同日夕方に関東で放送されたNHKや民放テレビ局のニュース番組では、スタジオの照明を抑える対応が相次いで取られた。

  • テレビ各局の報道番組が照明を押さえて放送(写真はイメージ)
    テレビ各局の報道番組が照明を押さえて放送(写真はイメージ)
  • テレビ各局の報道番組が照明を押さえて放送(写真はイメージ)

「この時間は節電のため、スタジオの照明を通常より落として放送します」

   16時に始まったNHK総合の15分間のニュースでは、第94回選抜高校野球の中継から画面が切り替わるや、テレビに映ったのは薄暗いスタジオ。番組を仕切る黒田信哉アナウンサーが、

「4時になりました。ニュースをお伝えします。この時間は節電のため、スタジオの照明を通常より落として放送します」

と冒頭に語った通り、番組は最後まで薄暗いままで進行した。同日のNHK総合のニュースは、13時5分から始まった高校野球の生放送の合間に3回ニュースが差し挟まれていたが、いずれの放送でもスタジオは通常通りの明るさで、16時のニュースもスタジオの背景からすると同じスタジオから放送したとみられる。

   これに対し、ツイッターでは、

「夕方のNHKのニュースのスタジオが、暗いぞ!」
「NHKニュースの画面が暗いと思ったら『節電のためにスタジオの照明を落として放送しています』と。感心、感心」
「NHKのスタジオ真っ暗だ......相当電力まずい状況なのがわかる」

といった、画面の暗さと節電対応に驚く声が相次いだ。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中