2022年 5月 24日 (火)

ロッテ佐々木朗希が迎える「覚醒の1年」 「スケールは山本由伸より上」他球団も戦々恐々

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   2022年3月25日に開幕したプロ野球。注目されるのは、27日の楽天戦で今季初登板を迎える高卒3年目のロッテ・佐々木朗希だ。

   オープン戦では自己最多タイの最速163キロを計測するなど順調に仕上がっている。最終登板となった今月18日の巨人戦(東京ドーム)では、岡本和真に満塁アーチを浴びるなど5回途中5失点で降板したが神経質になる必要はないだろう。

  • 高校時代の佐々木朗希(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    高校時代の佐々木朗希(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 高校時代の佐々木朗希(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「異例の育成法」でどんどん成長

   他球団のスコアラーはこう分析する。

   「満塁弾は岡本が凄いですよ。あの場面は直球を痛打されましたが、シーズンに入ったらフォークでしょう。勝負にこだわったら配球も変わってくる。

   佐々木朗は制球がバラついて、追い込んでもファールで粘られたりちょっと苦労していた。ただそれでも8奪三振取っていますからね。緩急をもう少し織り交ぜたら本当に付け入るスキがなくなる。スケールの大きさで言えば、オリックスの山本由伸より上だと思います」

   まだまだ発展途上の選手だ。同学年のオリックス・宮城大弥が昨季13勝を挙げたが、佐々木朗は大きなエンジンを使いこなせる体ができ上がっていなかった。1年目は1、2軍登板なしで1年間1軍に帯同する異例の育成法で体力作りに専念し、2年目の昨季に1軍デビュー。ただ首脳陣の方針で無理はさせない。中10日以上の登板間隔を空けて登板したが、その成長曲線は想像以上だった。

   制球力、変化球の精度、フィールディングと課題を一つ一つクリアすることで失点しない投手に変貌した。チームが優勝争いを繰り広げた10月は3試合登板で1勝0敗、防御率0.47をマーク。11月6日のCSファーストステージ・楽天戦(ZOZOマリン)では初戦の先発に抜擢され、6回10奪三振1失点の快投を見せた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中