2022年 5月 28日 (土)

胸に刻んだ父の言葉 ウクライナ人兄弟YouTuberサワヤンが語った「戦争止めるためにできること」

来店不要なのでコロナ禍でも安心!顧客満足度1位のサービスとは?

   日本在住のウクライナ人兄弟ユーチューバー・SAWAYAN(サワヤン)は2022年3月31日、東京・丸の内の日本外国特派員協会で記者会見を行い、ロシアによる軍事侵攻を受けている母国にいる家族への思いを語った。

  • 会見に臨む、弟のヤンさんと兄のサワさん
    会見に臨む、弟のヤンさんと兄のサワさん
  • 父とのやり取りを振り返るヤンさん
    父とのやり取りを振り返るヤンさん
  • 質疑応答に応えるサワさん
    質疑応答に応えるサワさん
  • 会見の様子
    会見の様子
  • 会見に臨む、弟のヤンさんと兄のサワさん
  • 父とのやり取りを振り返るヤンさん
  • 質疑応答に応えるサワさん
  • 会見の様子

「『やっぱり始まった』――その瞬間、僕の頭の中は真っ白になった」

   「サワヤン」は、兄のサワさんと弟のヤンさんによるウクライナ人兄弟ユーチューバー。31日時点で、運営するYouTubeチャンネル「SAWAYAN GAMES」の登録者数126万人、「SAWAYAN CHANNEL」は同96.3万人となっている。

    2人が登壇すると、まずヤンさんが、次のように語り始めた。

「『やっぱり始まった』――その瞬間、僕の頭の中は真っ白になった。2022年2月22日、キエフにいる父からその一言だけが書かれたメールが届いた。それは、ロシアのウクライナに対する軍事侵攻開始を意味するものだった」

   2人の日常は、この日を境に激変した。ヤンさんは次のように説明する。約2か月前、仕事の都合でキエフに戻っていた父から連絡があった。ヤンさんが電話をかけると、今まで感じたことのない緊張感を持った父の声が聞こえてきた。絶望に襲われたヤンさんは、父の「とりあえずは大丈夫だ」という言葉にわずかな安心感を覚えたという。父と毎日連絡を取り合う中で、日に日に悪化していく現地の状況を伝えられた。

   ある日、父から電話で戦争に行くことを告げられた。ヤンさんは止めなかった。止めても父は絶対に戦地に向かうと理解していたためだ。数日後、父からは次のような連絡があった。

「お前たちが息子で本当に良かった、この人生に後悔はない」

   写真に写る父は、迷彩服を着て銃を構えていた。ヤンさんは、父がキエフに帰る前日に二人で酒を飲み交わしたことを思い出し、「あれが最後になるかもしれない」と一瞬でも考えてしまった自分にいら立ったという。父には「絶対に勝てる」と伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中