2022年 5月 28日 (土)

SAKAMA、通販商品に「除毒されていないフグ」混入で謝罪 購入者全員に連絡済み、回収進める【追記あり】

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   鮮魚通販アプリ「サカマアプリ」を展開するSAKAMA(東京都渋谷区)は2022年4月1日、販売する「チャレンジFishボックス」について、「除毒されていない状態のヒガンフグ」が混入し、消費者に届く事例を確認したとして、公式サイトで謝罪文を発表した。

   すでに購入者全員と連絡が取れ、商品回収を進めているという。同社はJ-CASTニュースの取材に「今回の事案につきましては、弊社としても重大なこととして捉えております」と答え、再発防止に努めるとしている。

  • 鮮魚通販アプリ「サカマアプリ」が販売する「チャレンジFishボックス」
    鮮魚通販アプリ「サカマアプリ」が販売する「チャレンジFishボックス」
  • 鮮魚通販アプリ「サカマアプリ」が販売する「チャレンジFishボックス」

混入した経緯や原因を調査

   サカマアプリでは3月22日、島根県の水産卸売業者・SOL JAPAN(松江市)とコラボし、「チャレンジFishボックス」を発売した。食べ方が浸透していない、加工に手間がかかるなど、「魚好きにしか捌けないような魚を集めた商品」だとして、山陰地方でとれた魚がランダムに入っている。

   SAKAMAは同商品をめぐり、「除毒されていない状態のヒガンフグが混入し消費者に届いてしまうという事例を確認しました」と公式サイトで発表した。確認したのは3月31日。商品を購入したユーザー全員と連絡が取れたとして、商品回収を進めているという。

   今後の対応について「フグが混入した経緯や原因の調査を行い、今後同様の事例が発生しないよう管轄行政機関とも連携をし対策を講じて参ります」としており、「ユーザーの皆様には、ご心配ご不安をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中