2022年 5月 22日 (日)

ロシア大使館前の道路を「ウクライナ解放通り」に 世界で広がる抗議運動、各国の動きを振り返る

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   ロシアがウクライナ侵攻で厳しい批判を浴びる中、世界中のロシア大使館でも抗議活動が展開されている。

   参加者が死者になりきり横たわる「ダイ・イン」と呼ばれる伝統的な抗議行動が各地で行われたほか、建物をウクライナの国旗の色にライトアップしたり、大使館が面している通りがウクライナにちなんだ名前に改名されたりと、抗議のあり方はさまざまだ。

  • 東京・麻布台のロシア大使館。警視庁の車両が厳重に警備している
    東京・麻布台のロシア大使館。警視庁の車両が厳重に警備している
  • 東京・麻布台のロシア大使館。警視庁の車両が厳重に警備している

大使館前に洗濯機やトースター並べて「プーチンとロシア兵へのプレゼントだ」

   とくに東欧で目立つのが、ロシア大使館がある道路の名前を変えるという抗議の形だ。アルバニア、ブルガリアは「ウクライナ解放通り」、リトアニア、チェコは「ウクライナ英雄通り」の名前がついた。

   「ウクライナ色」にライトアップされるロシア大使館もある。3月上旬、ポルトガルのロシア大使館が青と黄色に照らされたのに続いて、3月20日には、英国のロシア大使館の壁も同様に照らされた。夕刊紙のイブニング・スタンダードによると、現地でジャーナリストが殺害されたことに抗議した。

   英国のロシア大使館では、皮肉を込めた抗議行動も行われた。4月9日、大使館前の道路が洗濯機やトースター、服、靴、おもちゃなどであふれた。この直前に、ロシア兵がウクライナの住宅から略奪した電化製品を、隣国のベラルーシからロシアに発送する様子が報じられたことを受けた抗議行動だ。プラカードのひとつには「プーチンとロシア兵へのプレゼントだ」。ウクライナの国花、ひまわりの花を大使館の柵にさす人もいた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中