2022年 5月 24日 (火)

佐々木朗希降板めぐる各種解説に「忖度あるコメント多かった」 岩本勉氏「保守的でビックリ」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球日ハムの元投手で野球解説者の岩本勉氏(50)が2022年4月18日にユーチューブチャンネルを更新し、17日の日ハム戦で8回までパーフェクトピッチングをしたロッテ佐々木朗希投手(20)について持論を展開した。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

「井口監督の決断は全く否定しない」

   動画は「『賛否両論』千葉ロッテ佐々木朗希投手降板について正直に話します」とのタイトルで公開され、2試合連続の完全試合目前に降板した背景などに言及した。

   佐々木は10日のオリックス戦で94年以来プロ野球で28年ぶりの完全試合を達成し、中6日で先発マウンドに上がった17日の日ハム戦では8回までパーフェクトピッチング。8回を終えて0-0の状況で、球数が100球を超えていたこともあり交代を告げられた。

   動画の冒頭で「自分が生きている間にこんな現実を目の当たりにさせてくれるのかと。もう感心しかなかったですよ」と率直な感想を述べ、「井口監督が、ロッテの首脳陣が決断をして佐々木朗希を8回で100球そこそこで見切りをつけてリリーフをマウンドに送ったことは全く否定しません」との見解を示した。

   岩本氏は元投手の経験などを踏まえ降板のタイミングを分析。そして自身が「現役選手」「投手コーチ」「監督」の立場で8回を終えた場面に立ち会ったとしたらとの想定のもと、それぞれの立場における私見を述べた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中