2022年 5月 22日 (日)

登板前なのに土まみれ...大谷翔平ならではの「勲章」にファン驚き 「こんなユニフォーム汚れた先発投手います?」

人気店や企業から非公開の招待状をもらおう!レポハピ会員登録

   大リーグ・エンゼルス大谷翔平選手(27)の二刀流ならではのユニフォーム姿にファンの注目が集まっている。

   大谷は2022年4月20日(日本時間21日)にミニッツメイドパークでアストロズと対戦し、「1番・投手」として先発。投げては6回1死まで1人の走者も許さないパーフェクトピッチング。ジェイソン・カストロ選手に初安打を許したものの、6回1安打無失点、自己最多タイとなる12奪三振の好投で今季初白星を挙げた。

  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • 大谷翔平選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

登板前投手「2打席」は大リーグ史上初

   打者としては初回に打者一巡で回ってきた第2打席で2死満塁から2点タイムリー。6回1死走者なしの場面ではセーフティーバントを決め今季3度目のマルチ安打をマークし、この日は4打数2安打2打点1四球だった。

   スポーツ紙などの報道によると、先発投手が投球前に2打席こなしたのは大リーグ史上初の出来事だという。

   投打にわたり大活躍の大谷だったが、インターネットでファンの注目を集めたのが初回のマウンドだ。大量6点を奪った攻撃後にマウンドに上がった大谷のユニフォームは右側の胸部から膝にかけて土がべったりと付着していた。

   これは初回の第1打席で四球を選び出塁した際、相手投手のけん制で塁に帰還した時にヘッドスライディングした時に付着したもの。先発マウンドに上がる前に打者として躍動した二刀流ならではの「勲章」でもあった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中