2022年 5月 19日 (木)

保育園に「モルカー」!? 乗り込める遊具がSNSで話題、子供たちの反応は

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   アニメ「PUI PUI モルカー」に登場するモルモットの車「モルカー」に乗ってみたい――そんな夢を叶える遊具が販売されていると、ツイッターで話題になっている。子供たちが乗車できる大きさで、車内にはハンドルが設けられている。ファンの間では「乗りたい!」「近所に欲しい」といった声が広がっており、中には自宅に置きたいという声も上がっている。

   いったいどんな遊具なのか、子供たちからはどのように受けられているのか。J-CASTニュース編集部は2022年4月中旬、販売元と設置している認定こども園に取材した。

  • 若葉園に設置されたモルカーの遊具(写真:@nicoti__さん提供)
    若葉園に設置されたモルカーの遊具(写真:@nicoti__さん提供)
  • 若葉園に設置されたモルカーの遊具(写真:@nicoti__さん提供)

「あのモルカーに、実際に子どもたちが乗れたら」

   「PUI PUI モルカー」は、2021年に子ども向け番組「きんだーてれび」(テレビ東京系)内で放送された。個性豊かなモルモットの車「モルカー」たちの日常を描いた作品で、「癒される」と人気を博した。

   児童書の出版などで知られるフレーベル館(東京都文京区)は21年11月下旬、メインキャラクターの「ポテト」を遊具にした「PUI PUI モルカー ポテトごう」を発売した。幅や奥行きは1メートル以上、高さは75センチ。1歳半~3歳頃の子どもたちを対象にしており、実際に乗り込むことができる。値段は45万1000円(税込み)。

   取材に対しフレーベル館の担当者は、「あのモルカーに、実際に子どもたちが乗れたらかわいいだろうなぁ...」という思いから販売したと述べる。

   モルカーは、アニメではふわふわとした羊毛フェルトで表現された。しかし遊具にするとなると、耐久性と安全性が求められる。フレーベル館は、両面を考慮ながら、「いかに『ころん』としたシルエットを生かすか」を意識した。

「キュートな顔はもちろんですが、ぷりっとしたお尻もかわいく仕上がったので、ぐるっと一周見ていただきたいです」
ハンドルは、あえて2個設置した。「一緒に遊ぶ」ことが大事だと考え、子供たちが並んで座りながらドライバー気分を楽しめるようにした。

   商品は21年4月11日、アニメのファンによってツイッターで紹介された。投稿には5299件のリツイート、8248件の「いいね」が寄せられる大きな反響があった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中