2022年 5月 23日 (月)

佐々木朗希の降板はなぜ受け入れられたのか 3年前は登板回避で抗議も...理解進んだ背景は

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   2022年4月17日の日本ハム戦で「2試合連続完全試合」が現実味を帯びる中、8回で降板した千葉ロッテマリーンズの佐々木朗希投手(20)。試合後に各メディアが実施したアンケートでは、佐々木投手の降板を支持する声が多く集まった。

   「令和の怪物」として、高校時代から高いポテンシャルが注目されていた佐々木投手だが、その慎重な起用方法が議論を呼ぶこともあった。識者は今シーズンの投球で「少しでも長く見てみたいとか、これからどれだけ化けるんだろうかという期待が強くなった」と、佐々木投手の「慎重起用」への理解が進んだと分析する。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

野球解説者も理解示す

   プロ3年目の佐々木投手は22年4月10日のオリックス戦で、9回を一人のランナーも出さずに投げ抜き勝利する「完全試合」を達成。日本プロ野球では1994年に巨人・槙原寛己さんが達成して以来、28年ぶりの快挙だった。同試合では日本タイの1試合19奪三振、日本新記録の13人連続奪三振も記録している。

   続く4月17日の日本ハム戦でも、8回まで完全投球を継続。この時点でスコアは0-0だったが、2試合連続の完全試合に期待が集まっていた。しかし、井口資仁監督は8回102球で佐々木投手の交代を告げ、史上初の2試合連続完全試合は実現しなかった。

   佐々木投手の降板後、野球解説者の藤川球児氏はツイッターで「佐々木投手の交代に一安心」と投稿。野球日本代表元投手コーチの建山義紀氏も「素晴らしい英断」とツイートし、佐々木選手の将来を考慮した井口監督の采配を評価した。

   采配の是非を読者・視聴者に問うメディアもあった。スポーツニッポンは佐々木投手の降板後に「スポニチ野球記者」のツイッターアカウントで、今回の采配をどう思うか質問。すると2万1378票のうち75.5%が「賛成」、12.7%が「反対」、11.8%が「どちらとも言えない」という結果になった。

   また、4月18日放送の朝の情報番組「めざまし8」(フジテレビ系)では視聴者アンケートの結果、投票数3万7343票のうち73%が降板を「理解できる」、27%が「理解できない」という結果に。同日夜のニュース番組「news zero」(日本テレビ系)もツイッター上で行ったアンケート結果を伝え、85.5%が「支持する」、14.5%が「支持しない」だった。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中