2022年 5月 29日 (日)

白井球審「詰め寄り」に槙原寛己氏が苦言 佐々木朗希にも「米国を見据えるならグッと我慢」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球巨人の元投手で野球解説者の槙原寛己氏(58)が2022年4月25日にユーチューブチャンネルを更新し、24日のオリックス対ロッテ戦でロッテ佐々木朗希投手(20)に詰め寄った白井一行球審(44)について私見を述べた。

  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
    佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
  • 佐々木朗希投手(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

日ハム伊藤大海投手は土下座ポーズで注意を

   オリックス戦で物議をかもしたのは2回に白井球審がマウンド上の佐々木に詰め寄ったシーンだ。2死1塁の場面で2ストライクから佐々木が投じた外角ストレートがボール判定に。この間に1塁走者が盗塁を決めた直後、白井球審はマウンドに向かって行った。

   スポーツ紙などの報道によると、白井球審は試合後、この一件に関してはノーコメントとし、佐々木は「僕は分からない」とコメントしており、白井球審がマウンドに詰め寄った理由は不明だが、SNSなどで白井球審の行為を批判的に捉えるファンも見られた。

   槙原氏は動画で、物議をかもしたシーンについて「伏線がありました」と切り出し、「1回の山崎(颯一郎・オリックス)投手が投げている球も実際、本当に厳しいんですよ。あの試合結構厳しく白井球審がとっていて、意外にストライクかなと思った球をストライク取らなかったりしているので。1回からここ取らないんだという風に両投手とも思ったと思う」との見解を示した。

   そしてこの試合が行われる以前から「伏線」があったのではないかと推測。4月16日に行われた日ハム対ロッテ戦で日ハム伊藤大海投手(24)がボール判定に思わず両膝をついて土下座のようなポーズをして球審から注意を受けたことを挙げ、今回のシーンに紐付けた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中