2022年 5月 24日 (火)

「とんでもない珍プレー」 関わった選手が「全員失敗」...米MLB衝撃のサヨナラ負けに呆れと笑い

建築予定地やご希望の地域の工務店へ一括無料資料請求

   米MLBの公式ツイッターアカウントが2022年4月27日に投稿した「衝撃のサヨナラ劇」の様子が、世界中の野球ファンの笑いを誘っている。

  • 米MLBのツイッター(@MLB)より
    米MLBのツイッター(@MLB)より
  • 米MLBのツイッター(@MLB)より

「先週うちの草野球チームでこれやりました」

   衝撃の結末を迎えたのは、27日(現地時間26日)に開催されたデトロイト・タイガース対ミネソタ・ツインズの試合だ。

   接戦のまま迎えた9回裏、4対3でリードしていたタイガースだが、抑えのグレゴリー・ソト投手が制球に苦しみ、2者連続四球と不穏な空気に。なんとかアウトをもぎ取るも、1死1・2塁の逆転のピンチでツインズのミゲル・サノ選手を迎えた。

   サノ選手の打球は平凡なフライかと思いきや、ライトのロビー・グロスマン選手がまさかの落球。グラブの先を掠めたボールが点々と転がる中、ツインズの選手達は2人とも進塁した。グロスマン選手は慌てた様子でボールを拾い上げ、なんとかセカンドに返球した。

   セカンドからホームのエリック・ハース捕手にボールが渡りひと安心...と思いきや、ハース捕手はサードに送球。2・3塁間のダブルプレーを目論んだ送球とみられるが、ハース捕手の送球は大暴投に。サードの選手が大きくジャンプをしても、全く届く様子はなかった。

   ボールはガラ空きになっていたレフトに転がり、ランナーが2人ともホームに戻ってきた。逆転となる5点目のランナーは余裕のタイミングでヘッドスライディングを見せ、5対4でツインズが逆転勝利を収めた。

   ツインズの選手達が歓喜する中、タイガースの選手達は肩を落としてマウンドを去った。

   MLB公式は、このサヨナラ劇の様子を「A wild walk-off in Minnesota!!(編集部訳、以下同:ミネソタの無茶苦茶なサヨナラゲーム!!)」と紹介している。

   衝撃的な試合展開は、世界中の野球ファンの呆れと笑いを誘ったようだ。

「今年のベストプレー候補」
「Every player involved screwed up. New record?(関わった選手全員が失敗した。新記録では?)」
「先週うちの草野球チームでこれやりました いや、いつもこれやってる」
「海の向こうではとんでもない珍プレーが...」
「This is simultaneously the best and worst baseball related thing I've ever seen.(これは、私が今まで見た野球にまつわる最高かつ最悪のものです)」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中