2022年 5月 24日 (火)

井上尚弥「最強王者」ついに視界に 米ESPN「PFP」ランキング2位浮上、ファン期待

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   米スポーツ専門局「ESPN」(電子版)は2022年5月11日、プロボクシングのパウンド・フォー・パウンド(PFP=階級の壁を越えた最強ランキング)の最新ランキングを発表し、WBA、IBF世界バンタム級王者・井上尚弥(大橋、29)が3位から2位に浮上した。

  • 井上尚弥選手(編集部撮影)
    井上尚弥選手(編集部撮影)
  • 井上尚弥選手(編集部撮影)

PFP上位3選手は全勝をキープ

   前回1位の世界スーパーミドル級4団体統一王者サウル・アルバレス(31)は4位に後退。アルバレスは5月7日にWBA世界ライトヘビー級王者ドミトリー・ビボル(ロシア、31)と対戦し0-3の判定負けを喫し、この敗戦がランキングに反映された。

   アルバレスを破り全勝(20勝11KO)をキープしたビボルは圏外から8位にランクイン。1位には前回2位のWBO世界ウエルター級王者テレンス・クロフォード(米国、34)が昇格した。

   3位にはクロフォードのライバルでWBA、WBC、IBF世界ウエルター級王者エロール・スペンス(米国、32)が入り、WBC世界ヘビー級王者タイソン・フューリー(英国、33)が5位につけた。

   上位3人の選手はそれぞれ全勝を保っており、クロフォードは38勝29KO、井上は22勝19KO、スペンスは28勝22KOとなっている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中