2022年 5月 23日 (月)

日本を支えた旧政府専用機、「第二の人生」へ 米企業が取得→大分県拠点でロケット母機に?

初めての方ご注目!プロミスなら最短1時間融資でお急ぎでも大丈夫!

   2019年まで政府専用機として活躍したボーイング747-400型機が、人工衛星を打ち上げるための飛行機に姿を変えて、再び日本の空にお目見えする可能性が出てきた。小型人工衛星の打ち上げを手がける米ヴァージン・オービットが22年5月10日(現地時間)、米軍需大手のL3ハリス・テクノロジーから747-400型機2機を取得したと発表。その機体を紹介するツイートに、おなじみの塗装が残された旧政府専用機とみられる飛行機が写っていたためだ。

   ヴァージン社と大分県は20年、「水平型宇宙港」として大分空港の活用を目指す合意を締結。かつての政府専用機が、大分空港を拠点に衛星の打ち上げを担う可能性もある。

  • 新機材導入を知らせる米ヴァージン・オービット社のツイートには、旧政府専用機とみられる機体が映っている
    新機材導入を知らせる米ヴァージン・オービット社のツイートには、旧政府専用機とみられる機体が映っている
  • 政府専用機の2号機として活躍していた頃のボーイング7474-400型機。19年に退役した(2018年撮影)
    政府専用機の2号機として活躍していた頃のボーイング7474-400型機。19年に退役した(2018年撮影)
  • ヴァージン社がすでに運航している打ち上げ機「コズミック・ガール」。小型衛星を載せたロケット「ランチャーワン」を搭載し、高度約10キロで切り離して打ち上げる
(米ヴァージン・オービット社のプレスリリースから)
    ヴァージン社がすでに運航している打ち上げ機「コズミック・ガール」。小型衛星を載せたロケット「ランチャーワン」を搭載し、高度約10キロで切り離して打ち上げる (米ヴァージン・オービット社のプレスリリースから)
  • 新機材導入を知らせる米ヴァージン・オービット社のツイートには、旧政府専用機とみられる機体が映っている
  • 政府専用機の2号機として活躍していた頃のボーイング7474-400型機。19年に退役した(2018年撮影)
  • ヴァージン社がすでに運航している打ち上げ機「コズミック・ガール」。小型衛星を載せたロケット「ランチャーワン」を搭載し、高度約10キロで切り離して打ち上げる
(米ヴァージン・オービット社のプレスリリースから)

747型機の下に搭載した衛星入りロケットを高度約10キロで切り離す

   ヴァージン社の打ち上げは「水平式」と呼ばれる方式で、改修した747-400型機の下に小型衛星を載せたロケット「ランチャーワン」を搭載し、高度約10キロで切り離して打ち上げる。 ヴァージン社はすでに、英ヴァージン・アトランティック航空で運航していた747-400型機「コズミック・ガール」を改修して打ち上げ機として就航させている。同社の発表によると、これまでに商用ベースの打ち上げを3回行い、26個の衛星を軌道に乗せることに成功している。

   今回のヴァージン社が発表した2機の追加取得は、「米国国家安全保障および同盟国の衛星打ち上げ需要の増大に対応する」ことが目標。その概要を

   「L3ハリスは、新たに取得した機体のうち1機を、ヴァージン・オービット社の小型衛星打ち上げサービス用の追加空中発射台として使用するために改修し、2023年の引き渡しを予定している」 と説明している。ヴァージン社は5月11日(日本時間)、

「L3ハリス社と提携し、ボーイング747-400型機を2機確保した。これにより、国家安全保障や衛星打ち上げの需要に対応し続けることができる。お客様が選ぶどんな場所からも、ご希望のスケジュールで打ち上げ可能だ」

という文章とともに、発表文へのリンクをツイート。ツイートには3枚写真がついており、そのうち1枚に旧政府専用機とみられる機体が映っている。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中