2022年 5月 23日 (月)

大谷翔平ライバルのゲレーロJr.「ブチギレバット折り」に賛否 「下品だ」「クールだ」...米国で拡散

糖の吸収を抑える、腸の環境を整える富士フイルムのサプリ!

   大リーグ・ブルージェイズのブラディミール・ゲレーロJr.内野手(23)の「バット折り」が話題を呼んでいる。

   ブルージェイズは2022年5月11日(日本時間12日)に敵地でヤンキースと対戦し、ゲレーロJr.は「3番・1塁」で先発出場した。ブルージェイズは初回に1点を先制するも4回に3点を失い逆転を許した。6回に1点を返して1点差とするも直後に2点を失い3-5で敗れた。

  • ゲレーロJr選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
    ゲレーロJr選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)
  • ゲレーロJr選手(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

「1週間分のフラストレーションが飛び散った」

   ゲレーロJr.が怒りを爆発させたのは2点ビハインドで迎えた5回。2死2塁のチャンスで打席に立つと、1ボール2ストライクからの外にはずれたカットボールにタイミングが合わず空振り三振に倒れた。

   一発が出れば同点のチャンスにバットが空転。不甲斐ない結果にイライラを募らせたゲレーロJr.は打席でくるりと反転し、バットをグラウンドに叩きつけるとそのままバットを左太ももに打ちつけ真っ二つにへし折った。

   「バット折り」の映像を地元ニューヨークメディアがSNSで公開すると、インターネットなどで拡散され多くのメディアで取り上げられた。

   大リーグ公式「MLB.com」は5月12日にゲレーロJr.がバットをへし折る動画を添付して記事を公開し、ゲレーロJr.のバットから1週間分のフラストレーションが飛び散ったと伝えた。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中