2022年 6月 28日 (火)

「もっと前かがみになって」グラビア撮影で要求されたら... 柏木由紀が明かした「対処法」とは

全国の工務店を掲載し、最も多くの地域密着型工務店を紹介しています

   AKB48の柏木由紀さんが、2022年5月15日に公開したYouTube動画で、グラビアなどの撮影をめぐる「本音」をぶっちゃけた。

  • 柏木由紀さん(2021年5月撮影)
    柏木由紀さん(2021年5月撮影)
  • 柏木由紀さん(2021年5月撮影)

撮影中の「あるある」明かす

   柏木さんは動画で「壁写真」と呼ばれる宣材写真、及び48グループのグッズとして販売される写真の撮影に密着した様子を公開。撮影した写真について、そこでは「ほうれい線薄くしたやつで見てみたい」「何年か前の顔みたい」「これはちょっと性格悪そうだよね」などとコメントしながら、念入りにチェックしていく様子も見せていた。

   この「壁写真」はテレビ番組で名前が出た際などにも使われるため、アイドルにとって重要なようだ。この日、柏木さんは約100枚撮影し、14枚ほど選出、最終的に5枚を自身のスマホに転送し、「日を置いて自分の携帯で見てみて選びたいと思います」と話していた。

   その後、柏木さんは撮影の合間に、

「これは私あるあるで、アイドルあるあるじゃないかもしれないんだけどゲームの撮影って、大体その...右手をグーで応援のポーズ!とかを10枚ぐらい撮って右を指差し!みたいなのがよくある」

と、ゲーム媒体の撮影で指定されがちなポーズについて言及。「それやってくと段々、何してんだろ...」と思ってしまうことがあると明かした。

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中