2023年 6月 10日 (土)

矢野監督の采配「考えられない」OB苦言 代走出さず本塁憤死に「あまりにも消極的過ぎた」

富士フイルムが開発した糖の吸収を抑えるサプリが500円+税で

   プロ野球楽天の元監督で野球解説者の田尾安志氏(68)が2022年5月26日にユーチューブチャンネルを更新し、同日に甲子園球場で行われた阪神対楽天戦を解説し、阪神・矢野燿大監督(53)の采配を疑問視した。

  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
    阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)
  • 阪神・矢野監督(写真:アフロスポーツ)

「ここは1塁ランナーの代走が必要」

    試合は阪神、楽天両先発が好投し8回を終えて0-0の展開。9回に阪神4番手・岩崎優投手(30)が2死1、3塁のピンチで銀次内野手(34)にタイムリーを許し1点を失った。その裏の攻撃では楽天の守護神・松井裕樹投手(26)に三者三振で接戦を落とした。

    田尾氏が指摘したのは0-0で迎えた8回の攻撃。1死から長坂拳弥捕手(28)がレフト前ヒットで出塁し、代打・北條史也内野手(27)が送りバントを決め2死2塁。このチャンスに近本光司外野手(27)がレフト前にヒットを放ち2塁走者・長坂がホームを狙うもタッチアウトとなった。

    田尾氏は「ここは1塁ランナーの代走が必要ですよね。代走を置かないといけない。だけど代走を使わなかった」と矢野監督の采配に首を傾げ、「これが結局致命傷になってしまった」との持論を展開した。

    また、田尾氏は矢野監督が代走に踏み切れなかった理由のひとつにこの日、長坂が盗塁を2つ阻止したことを挙げ、「今のタイガーズ、これだけ借金十幾つもしているチームはどんどん攻めないといけない。そういうポジションにあると思う。守りに入ったらいけない」と指摘した。

姉妹サイト

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中